日経平均テクニカル:上値抵抗は直ぐそこも、明確に上方シグナルが発生することに

日経平均テクニカル:上値抵抗は直ぐそこも、明確に上方シグナルが発生することに

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/20
No image

株式会社フィスコ

4営業日続伸。日中値幅は前場70円、後場50円程度と引き続きこう着感の強い相場展開となった。ただし、5日線を上回っての推移が続く一方で、6営業日ぶりに一時17000円を回復しており、底堅さの意識される形状。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ内での推移となり、+2σ派上向きに。MACDは緩やかであるがシグナルとの乖離が拡大してきている。一目均衡表では転換線が支持線として意識され、雲上限の切り上がりに沿ったトレンドを形成。遅行スパンは今後実線が16700円辺りまで切り下がるところにくるため、明日の段階で明確に上方シグナルが発生することになろう。週足の一目均衡表では雲下限での攻防となり、引き続きボックスレンジを想定しつつ、まずは週足雲下限突破を見極めたいところ。

<WA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産が専用のサスペンションやコンピュータを搭載した『NOTE e-POWER NISMO』を発売
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
日経平均上昇“トランプラリー”で積極投資
安倍・トランプ会談を仲介したスゴ腕弁護士の正体とは
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加