藤島部副部長が白鵬のかち上げ容認!?個人的な意見として「とっさに体が動くことも」

藤島部副部長が白鵬のかち上げ容認!?個人的な意見として「とっさに体が動くことも」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/16
No image

白鵬が突き落としで阿武咲(左)を下す=両国国技館(撮影・堀内翔)

「大相撲初場所・初日」(14日、両国国技館)

藤島審判部副部長(元大関武双山)が打ち出し後、「個人的には」と前置きして、一力士としての白鵬ならば、立ち合いのかち上げもありとする考えを明かした。

阿武咲戦の立ち合いでは、何かと世間の批判を浴びているかち上げ、張り差しを封印したが、「別に直さなくていいと思うけどね。個人的には。かち上げ(で来られた方)がやりやすい場合もあるし。(横綱は)内容も求められる地位だからしようがないのかもしれないが、立ち合いくらいは(しないように)考えていくけど、(取組中は)とっさに体が動いてしまうこともあるだろうし」と話した。

もちろん、これは幕内優勝1回の強い元大関だった同親方だからこその言葉で、最後は「(白鵬の)かち上げを食う方が悪い。たいしたかち上げじゃないんだから」と持論を展開した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢の里「集中した」原点回帰のぶちかまし初白星
稀勢の里、白鵬が敗れる波乱 鶴竜、2大関は3連勝
元双大竜、被災者思い涙=大相撲
元横綱朝青龍、復活かける横綱稀勢の里にエール「優勝せー」
「幻滅」が生んだ白鵬の取り口批判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加