乾電池型IoT「MaBeee」イルミネーションを操れるアプリ機能追加

乾電池型IoT「MaBeee」イルミネーションを操れるアプリ機能追加

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/12/01
No image

ノバルスは11月30日、スマホでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」において、アプリの新機能を追加した。

MaBeeeは、Bluetoothでスマホと連携し、電池の出力を制御できる単3電池型の製品。MaBeeeの中に市販の単4電池を入れ、専用のスマホアプリで電池の出力を操作する。

No image
No image

ミニ四駆、電車玩具、LEDライトなどの単3電池駆動の製品にMaBeeeを入れると、玩具の走るスピードやライトの明るさなどを直感的に操作できるようになる。価格は5378円。コジマ/上海問屋/ソフマップ/トイザらスなどで取り扱う。

今回、主にLEDライトなどの照明製品をコントロールするモードが新たに加わった。これにより、明るさの強弱と点灯のタイミングをアプリで自由に設定できるという。

No image

フラットモードで点灯するライトの明かりを緩やかにして空間を演出したり、ウェーブモードでライトの点滅を設定しイルミネーションを楽しめるとしている。また、従来の声モードで音楽に合わせてライトの明るさが変わったりと、クリスマスならではのさまざまな演出が可能だという。

■関連サイト

MaBeeeアプリ

MaBeee

取り扱い店舗情報

ノバルス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GoogleのAR技術Tangoに世界初対応のスマホ「Phab 2 Pro」がついに日本発売
大量のカードや通帳は専用レザーケースで管理
ペン先の細さ、わずか1.9mm!ワコムがペアリング不要のスタイラス発売
これはきっと日本だからできた「ウスカル」ノート、新dynabook Vは東芝の技術がてんこ盛りだ!!
iOSのバグを利用して911に緊急通報しまくるリンクを公開した10代ハッカーが逮捕される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加