最新ランキングをチェックしよう
三井物産の凋落、社内で「役員総退陣論」高まる 伊藤忠、「ポスト岡藤社長」は岡藤

三井物産の凋落、社内で「役員総退陣論」高まる 伊藤忠、「ポスト岡藤社長」は岡藤

  • Business Journal
  • 更新日:2018/01/14

総合商社の首脳人事が早くも動き出した。
 住友商事は兵頭誠之専務執行役員が4月1日付で社長に昇格する。中村邦晴社長は代表権のある会長に就任し、大森一夫会長は相談役になる。兵頭氏は取締役ではないので、6月の株主総会で取締役に選任後、代表権を持つ。中村氏は総会後に代表権のない会長になる。
 住商には「社長執行役員の在任期間は原則6年を超えない」という内規がある。そのため、今年6月で就任から6年を迎える

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
家電王者ヤマダが犯した「戦略ミス」の謎
ヤマダ電機とビックカメラ、“経営がうまい”のはどちらか
ランボルギーニのアヴェンタドールが生まれた背景はこんなに深かったーランボルギーニの全貌
洗練されたデザインでスーツにもフィットするINDEPENDENTのソーラーテック電波時計3選
アマゾンの従業員、年収の中央値は300万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加