ブリーチを使って理想の髪色に!セルフでブリーチをする時のコツと注意点

ブリーチを使って理想の髪色に!セルフでブリーチをする時のコツと注意点

  • HAIR
  • 更新日:2017/11/14

ブリーチとは?ヘアカラーの違いを知ろう

髪を染めるのはヘアカラー

No image

ヘアカラーは真っ黒な状態の地毛にカラーをいれること。黒髪をベースとしたナチュラルに仕上げたい人はヘアカラーが適しています。ただ、髪質によっては染まりにくい色があったりする場合も!

色を抜くのがブリーチ

No image

ブリーチとは、髪の色を脱色を脱色すること。地毛の色を一度、後から重ねるカラーの発色をよくする効果が!美容室ではトレンドの外国人風カラーや、ハイトーンのカラーを行う際に用いられることが多いです。

セルフでブリーチをする方法

髪は乾いた状態で

No image

髪が濡れた状態でブリーチを行うと、残っている水分の量がバラバラなので塗りムラができてしまいます。しっかりと全体を乾かしてからブリーチを始めましょう!

ムラなく、たっぷり塗る

No image

塗りムラがあると、脱色後の髪色がまだらになってしまうことも。ブリーチを全体に塗布したら、コームで梳かし毛流れを整えましょう。

時間を置いてバランスを見る

No image

ブリーチは使うときの温度によってカラーリングの強さが変わってきます。そのため、体温が伝わりやすい根元は時間を置いて最後に塗りましょう。

ブリーチをするときの注意点

髪のダメージを考えて

No image

ブリーチは髪の色を強制的に抜いているようなものなので、ブリーチの回数が増えるにつれ髪にダメージを与えます。カラーリングはオシャレには欠かせませんが、髪質によっては数回のブリーチに髪が耐えられない可能性もあります。また、日ごろからしっかりヘアケアを行うことで、髪をいたわってあげましょう。

パッチテストを行う

No image

ブリーチ剤は様々な成分が含まれているため、肌の弱い人はアレルギー反応を起こすことがあります。可能であれば、ブリーチをする前に二の腕などで必ずパッチテストを行いましょう。かゆみが出たらすぐに洗い流してくださいね。

ブリーチ後のお手入れ方法

ダメージの少ないシャンプーを

No image

ブリーチ剤はしっかりと洗い流しましょう!残っていると、髪や頭皮にダメージを与え続けてしまいます。ブリーチ後のデリケートな髪の毛には弱酸性のシャンプーがオススメ。優しく丁寧に洗ってくださいね。

ヘアケア用品を使う

No image

ブリーチ後の髪はとても乾燥しています。髪に必要な栄養や水分を与えましょう!ヘアオイルやトリートメントでケアをすることも重要なポイントです。

ドライヤーのかけすぎ注意!

No image

ドライヤーをかけすぎると、より乾燥してしまい髪がパサパサに!しっかりタオルドライをした後は、上から下に毛の流れに沿うように根元から乾かしてあげましょう。しっかり冷風で冷ましてあげることも忘れずに!

コツさえ掴めば、自分でもできる!

ブリーチについてご紹介しましたが、参考になりましたか?セルフでカラーリングを楽しみたい人は、ブリーチの正しい使い方は覚えておきましょう。ポイントや注意点をしっかりとマスターして、美しい髪を楽しんでくださいね♡

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最旬ヘアカラー「グレー」で透明感ズバ抜け!キレイの秘密は“髪色”でした
【ゲラン】高級感溢れる♡リッチな限定コフレ まつ毛もドレスアップ
石鹸・ボディソープ・シャンプー、それぞれ違いと特徴について
「英国生まれ」の光脱毛美容器
冬はニベアクリームを使い倒せ! 知らなきゃ損な「裏ワザ」6つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加