最新ランキングをチェックしよう
昨年12月にひっそりと地球に落下した隕石 広島型原爆の10倍のエネルギーを放出

昨年12月にひっそりと地球に落下した隕石 広島型原爆の10倍のエネルギーを放出

  • ガジェット通信
  • 更新日:2019/03/25

昨年12月、カムチャッカ半島沖のベーリング海上空に人知れず隕石が突入していたことが分かった。隕石は大気圏中で爆発し、その際、広島型原爆のおよそ10倍のエネルギーを放出したと推定される。NASAによると、爆発はここ30年で2番目に大きく、2013年にロシア・チェリャビンスク上空で爆発した隕石以来、最大規模だったという。

A video showing the smoke trail from th

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国民の頼みは「ツイッター」...混迷ベネズエラ、メディア崩壊の現実
インドの人工衛星破壊で400あまりの破片がさまざまな軌道上にばらまかれた
仏大西洋沿岸でイルカの死骸が急増、数か月で約1200頭
悲惨すぎる籠城生活......告発サイト「ウィキリークス」創設者の末路
欧州を席巻する子供デモは「チコちゃん現象」かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加