ドライバーなら知っておきたい!雪による立ち往生への備えとは

ドライバーなら知っておきたい!雪による立ち往生への備えとは

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2018/01/12
No image

2018/01/12 10:38 ウェザーニュース

大雪で車が立ち往生し、それをきっかけとして長時間その場にとどまらなければならない状況になることがあります。
雪道の運転で冬タイヤを装着しておくことは当然ですが、長時間車内で過ごすことも想定して、あらかじめ出かける前に準備をしておいた方がいいかもしれません。
>>出発前に交通への影響を確認

一酸化炭素中毒で死亡例も

No image

マフラー付近をこまめに除雪を

車内で救助を待つ時の注意点は、エンジンをかけ続けないこと。

車が雪に埋まった状態でエンジンをかけ続けると、排気ガスが行き場を失い、車内に一酸化炭素が充満してしまいます。
過去にはそれが原因で死亡した例もあるので、エンジンを切り、毛布やカイロなどで体温を維持するのが得策です。

どうしても暖房がないと厳しい時は、排気ガスが出るマフラー付近をこまめに除雪し、車内の換気を行ってください。

事前対策がカギ

No image

燃料は満タンに

車内の暖房はエンジンで動かすことによって可能となるため、止まっていても燃料が必要です。

ブースターケーブルなど

スコップや牽引ロープやタイヤチェーンなど、車を移動させたり、その後安全に走行するためのアイテムは必須です。

食糧

空腹になると不安になったり、苛立ったりしてきます。近くにコンビニなどがあっても物流に影響が出て品物が無い場合があります。小腹を満たすものでよいので持っておいたほうが安心。

毛布など、暖のとれるもの

暖房が止まってしまうと、当然車内の温度も低下していきます。そのため、気温低下への備えも必要です。

スコップ

雪でマフラーがふさがれると排気ガスが車内に回り込んで、中毒死を引き起こすことがあります。マフラー付近の除雪ができるものを持参しておいたほうが安心です。

簡易トイレ

立ち往生が発生してしまうと、車内や近くにトイレの無いところで長時間過ごさないといけないかもしれません。それに備えて簡易トイレもあると安心です。
天気の急変すると、渋滞や事故などにより車の立ち往生が発生する確率が高まります。
外出前に気象情報を確認し、悪天候が予想されていた場合は、外出予定を変更したり、移動手段を車以外にすることもご検討ください。
>>最新の雪見解を確認

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「隠れインフルエンザ」が怖い 風邪と区別がつきにくいB型が猛威をふるっている
【ビデオ】走れても止まれない!! 雪道のノーマルタイヤの危険性をJAFが公開中!!
障がい者女性が「風俗」で働くことを選んだ意外な理由
「外で出会うクソババアビンゴ」に世のママたちが大共感! 母乳か聞いてくる、赤ちゃんに勝手に触ってくるなど「あるある」すぎて首がもげそう!!
「子どもから大人までみんな平然と...」=私が日本で驚いたこと―訪日中国人女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加