栃ノ心、大関昇進後初稽古 名古屋場所に向け「目標は2桁」

栃ノ心、大関昇進後初稽古 名古屋場所に向け「目標は2桁」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/06/14

新大関の栃ノ心(30=春日野部屋)が13日、東京都墨田区の同部屋で稽古を再開した。ジョージアに1週間帰国していたため大関昇進後初めての稽古。夏場所で右手首を痛めた影響で申し合いは行わなかったが、ぶつかり稽古を中心に約30分間土俵に立った。

No image

ぶつかり稽古で碧山(左)に胸を出す栃ノ心(撮影・斎藤 純)

母国では、あいさつ回りなどで多忙を極め「食べるよりも酒を飲んでいた」と回顧。久しぶりに流した汗は気持ち良かったか、という問いには「気持ち悪いよ。(ジョージアで飲んだ)ワインが出てきたよ」と笑わせた。祝福ムードに酔いしれることなく、今後は状態を上げていく。来月8日に初日を迎える名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)へ「目標は2桁。少しずつやらないと」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高安、横綱稀勢の里に3勝8敗も「いい環境で充実していた」 徳島合宿打ち上げ
白鵬 長男・真羽人くんと夢の親子一番「いい稽古になった」
稀勢の里、徳島での合宿打ち上げ「手応えある」 三番稽古で8勝3敗
稀勢の里 徳島合宿打ち上げ 進退かかる名古屋場所へ「体作りもできた」
妙義龍が結婚「胸がいっぱいです」 恩師の埼玉栄・山田監督らが祝福
  • このエントリーをはてなブックマークに追加