人生の役に立つ言葉:「富」や「名声」は謙虚に受け取り、潔く手放しなさい

人生の役に立つ言葉:「富」や「名声」は謙虚に受け取り、潔く手放しなさい

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2018/04/17

米Lifehackerが人生の役に立つ言葉を紹介するシリーズ「Mid-Week Meditations」へようこそ。ストイック派の知恵を探求しそれを使って自らを省みて、人生を好転させましょう。

今週ご紹介するのはマルクス・アウレリウスの『自省録』からの引用です。アウレリウスは、物質的なものや肩書き、名声に執着しないようにと、率直なアドバイスを贈っています。

謙虚に受け取り、潔く手放せ

別の訳では:

驕りなく受け取り、頓着なく手放しなさい

その意味するもの

この教訓は実にシンプルですが、同時に深遠でもあります。「地位や名声、物質的な何かが自分の元にやってきたら、謙虚さを持って受け取りなさい。それを受け取ったからといって自分が他の誰かより偉いのだと勘違いしないように」という意味です。また、受け取ったものが何であれ、決して執着してはならないということでもあります。何を得たとしても、いずれは手放さなければならないときがきます。執着がなければ、いざという時にうろたえることもありません。

そこから学べること

アウレリウスは、真の幸福とは内的な源泉、すなわち、心や魂からやってくるものだと信じていました。ストア派にとって、物質や富、社会的地位、肩書き、名声といった世俗的なものを求めて人生を過ごすことは、悲惨や失望へと至る道でしかありません。欲しがれば欲しがるほど、心はずっと貧しくなるのです。世俗的なものがあなたの元へやってきたら、ありがたく受け取ってかまいません。ただ、何事も永遠ではないこと、いつの日か手放さなければならないことを、心に留めておく必要があります。

ですので、世俗的なものに対して、できるかぎり執着しないようにしてください。執着は満足の敵です。多くの人にとってそうした執着、すなわち富や名声への渇望が、苦しみの原因となっています。あなたまでそうなる必要はありません!

何かを手放すべきときが来たら、潔く手放してください。もともとあなたのものではなかったのです。それは自然や宇宙に属するものであり、あなたのそばにいる時間が終わったということに過ぎません。

無頓着であることは、無気力、無関心にも見えるかもしれません。しかし、無頓着こそが、執着と戦う力を与えてくれるものであり、執着が生む苦しみから解放してくれるものなのです。

あなたは、あなたが所有する物や地位やお金ではありません。それ以上の存在です。そうした世俗的なものが自分のところへやってきたら素直に感謝してください。ただし、そうしたものが去っていく時にもそれを受け入れてください。執着しても惨めな気持ちになるだけです。

Image:Matt Dickman

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
臨死体験者が見た死後の世界。「地獄に行く途中だった」と語る女性、今もその恐怖の中に生きている。
もう日本人の出る幕なし?外国人だらけのニセコに見る日本の未来
相撲の女人禁制は単なる女性差別。今すぐやめろ
口臭にさよなら、息をきれいにするシンプルな方法
【100均検証】セリアで買った植木鉢『カラーエコプランター』は知れば知るほど欲しくなることマチガイナシの完璧すぎる百均良品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加