バルサCEOが明言、「1月にコウチーニョを獲りにいく」

バルサCEOが明言、「1月にコウチーニョを獲りにいく」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/10/12
No image

バルセロナのオスカル・グラウCEOがリバプールへ所属するMFコウチーニョの獲得に乗り出すことを明言した。スペイン『マルカ』が報じている。

リバプールやユルゲン・クロップ監督はコウチーニョの放出を容認していないものの、グラウCEOは相手クラブのスタンスが変わらなかったとしても、冬でのコウチーニョ獲得に全力を尽くすと言い切った。

「コウチーニョを獲得する準備はできている。いずれにせよ、1月に選手を獲得するつもりだ」

「たとえリバプールが売りたいと思っていなかったとしても、この選手が必要だと首脳陣が判断したら、私たちは間違いなく獲得に向かうだろう」

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミス美尻 ヌードでメッシ激励
セクシー女優 ペップの“虜”
ロンドン金の元米体操選手、チームドクターからの性的被害告白
獲得タイトルは驚愕の57個! 浦和がACL決勝で戦う「アル・ヒラル」ってどんなクラブ?
<サッカー>中国と韓国が親善試合を希望した国、結局選んだのは日本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加