国土交通省、プローブ情報を活用した「通れたマップ」実証する協力会社を選定

国土交通省、プローブ情報を活用した「通れたマップ」実証する協力会社を選定

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/15
No image

ICTを活用した歩行者移動支援サービスの普及を目指してバリアフリー・ナビプロジェクト

国土交通省は、プローブ情報を活用した「通れたマップ」の実証実験への協力主体を選定した。

国土交通省では、ユニバーサル社会の構築に向けて、例えば車いす使用者が通行できるバリアフリールートについてスマートフォンを通じてナビゲーションするなど、ICTを活用した歩行者移動支援サービスの普及を目指してバリアフリー・ナビプロジェクトを推進している。

これらサービスの実現に必要なデータを収集する手法の一つとして、プローブ情報を地図上に可視化する「通れたマップ」の作成について実証実験を行うこととし、実験に必要なデータ収集ツール(アプリケーション)を提供する協力主体を公募。この結果、「WheeLog(ウィーログ)!プロジェクト」(島根大学総合理工学研究科)のスマートフォン向けアプリ「WheeLog!」を選定した。

今年10~12月にプローブ情報などを収集し、2018年1~3月に実証実験の成果をとりまとめる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモが1つの番号をスマホとアクセサリ端末で共有できる「ワンナンバーサービス」の提供を開始
3Dプリンターによるフィギュア造形はどこまで来たのか?ワンフェスで実感するデジタル造形と3Dプリント技術の進歩
ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能
3年前に決めていた?auが踏み切った「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」での3G通信非対応
【iOS11】コントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオフできなくなったことが判明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加