巨人原監督「全部がバナナ的な真っすぐになっちゃうと...」期待の左腕横川を指導

巨人原監督「全部がバナナ的な真っすぐになっちゃうと...」期待の左腕横川を指導

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/11
No image

巨人・田中優(右)に球種の握りを説明する原監督

巨人の原辰徳監督(61)が10日、宮崎秋季キャンプ第1クール、最終日に投手陣を精力的に視察した。

前日は17年のドラフト1位・鍬原にサイドスロー転向を勧めるなど、ブルペンで熱くなった指揮官はこの日も投手に熱視線。この日も「磨けば光る原石だから」とブルペンに足を運び、育成の田中優にはボールの握りをアドバイス。キレのあるボールを投げると、真後ろで拍手して、喜んだ。

横川にはシュート回転の多い真っすぐを直すためのアドバイスを送るなど、“投手コーチ”さながらの動きをみせた。「全部がバナナ的な真っすぐになっちゃうと、なかなか自分のものにはできない。きっかけをつかんでほしい」と将来の巨人を担う投手への期待をかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国、逆転勝ちで五輪切符 野球プレミア12
ミスタークロ“冠”や!阪神・片山、驚異の身体能力で“独走”猛アピール
【プレミア12】韓国、東京五輪出場と決勝進出が決定 “日韓2連戦”へ監督「良い試合見せたい」
松坂大輔が古巣復帰、“不良債権”を買い取った西武ライオンズがはじくソロバン勘定
【プレミア12】4番鈴木が圧倒的存在感、投手陣も安定... 侍Jここまで投打個人成績は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加