阪神リリーフ陣、CSに向け調整順調 フェニックスリーグ登板

阪神リリーフ陣、CSに向け調整順調 フェニックスリーグ登板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/14
No image

3回、阪神 マルコス・マテオは打者3人を無安打に抑える=サンマリンスタジアム宮崎(撮影・山口登)

「フェニックス・リーグ、阪神-ロッテ」(11日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

阪神の鉄壁リリーフ陣が、14日開幕のCSファーストSに向けて調整登板。万全の投球内容を見せた。

先発したのは小野。CSではロングリリーフ起用が予想されている。2回を無安打無失点。安定感抜群の内容だった。最速は144キロにとどまったが、2奪三振。変化球がきっちりと制球されていた。

2番手はマテオだ。1回を無安打無失点。ロッテ打線を簡単に料理した。最速は146キロを計測した。そして3番手には高橋がマウンドへ上がった。こちらも文句のつけようがない投球。9球を投げて、1回無安打無失点だった。

最後は桑原が登場。1回1安打無失点だった。1死から5番・細谷に三塁ベースを直撃する二塁打を浴びたが、後続をピシャリ。ピンチを背負っても動じない、さすがの精神力を見せた。南国・宮崎で、4人ともが納得のいく調整登板を終えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あのプロ野球ドラフト1位選手!引退と引き際について
【ドラフト2017】西武 菊池雄星の「後継者」として狙いたい“あの左腕”
昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也
本塁打王ゲレーロ 中日の評価が驚くほど低い理由とは
プロ野球「戦力外通告」選手の“掘り出し物”たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加