日本代表、W杯で初のPKゴール。極度の重圧の中香川真司が冷静に成功【ロシアW杯】

日本代表、W杯で初のPKゴール。極度の重圧の中香川真司が冷静に成功【ロシアW杯】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/06/20

コロンビア戦でPKを決めた香川真司【写真:Getty Images】 日本代表は19日、ロシアワールドカップ初戦となるグループリーグH組第1節のコロンビア戦を戦っている。前半6分にはMF香川真司がPKを決めて先制点を奪った。 開始からわずか3分、大迫勇也のシュートがGKに阻まれたあと、こぼれ球を香川がシュート。コロンビアのMFカルロス・サンチェスが腕でブロックしたことで一発レッドカードを提示され、

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加