エボラブルアジア---東証1部への市場変更に向け主要株主の株式売却を実施

エボラブルアジア---東証1部への市場変更に向け主要株主の株式売却を実施

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

エボラブルアジア<6191>は29日、東京証券取引所第1部への市場変更へ向け、流動性向上を目的にした同社主要株主の株式売却を発表。

主要株主である取締役会長の大石崇徳氏と、代表取締役社長の吉村英毅氏の資産管理会社である吉村ホールディングスの、両者合計72万株、発行済株式総数に対し4.3%にあたる株式売却を実施した。

同社は、マザーズ市場から東証1部への市場変更を予定し、11月14日には本則市場への変更申請を2017年9月期中に行うと発表。今回の株式売却は、東証1部における形式案件である流通株式比率への充足を図るため。

同社は、One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を展開している。特に国内航空券の取扱高はオンライン旅行業界において最大手。

<TN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家スマイルマン:12月物色されやすい材料を持つ注目個別銘柄!
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
米労働長官に「ハーディーズ」経営者
欧州為替:ドル・円は114円33銭から114円61銭まで強含み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加