“シャンシャン特需”は? “パンダ銘柄”の東天紅、赤字転落へ

“シャンシャン特需”は? “パンダ銘柄”の東天紅、赤字転落へ

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2018/01/11
No image

中華料理店を展開する東天紅(東証1部)は1月11日、18年2月期通期(17年3月〜18年2月)の最終損益が3000万円の赤字になる見通しだと発表した。

上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」

東京・上野に本店を構える同社は、上野動物園でジャイアントパンダのおめでたが話題になると、来店客の増加が期待され、株価が急騰することで知られる“パンダ銘柄”。6月には「シャンシャン」が誕生したが、特需の追い風は吹かなかったようだ。

No image

東天紅の公式Webサイト

売上高は前期比でプラスを見込むものの、天候不順や店舗改装による休業の影響で伸び悩み、人手不足に対応する人材確保でコストがかさんだことも響く。

No image

東天紅による下方修正の発表

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカ企業内で日本人は絶滅危惧種? 起業パワー都市(その6)
しまむら、突然に深刻な売上減突入...「しまむららしさ」消失、しまパトの楽しみ奪う
クリスマスしか食べないケンタッキーの危機...ファミマ怒涛のチキン攻勢に「食われ」始めた
旅行会社、急速な「不要化」で存在意義低下...JTB、国内・国外・訪日すべて減収の激震
トヨタ アバロン、新型のハイブリッドは歴代最高燃費...デトロイトモーターショー2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加