アイ・オー・データ、WQHD解像度の23.8型ゲーミング液晶

アイ・オー・データ、WQHD解像度の23.8型ゲーミング液晶

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/14
No image

アイ・オー・データ機器は14日、WQHD解像度の23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GCQ241XDB」を発表した。2月末に発売される。価格はオープンで、店頭予想価格は税別39,800円前後。

同社のゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta(ギガクリスタ)」シリーズの新製品。従来は1,920×1,080ドットのフルHD解像度だったが、2,560×1,440ドットのWQHD解像度に対応した。液晶パネルは広視野角のADSパネルを採用する。

ゲーム用途の機能としては、低遅延モードやオーバードライブ機能、Night Clear Visionなどを備える。低遅延モードでは遅延時間が0.04フレーム(約0.7ms)と少なく、オーバードライブ機能では画面の応答速度を高め、動きの激しい映像やゲームで滑らかな表示を行えるとする。Night Clear Visionは、暗いシーンを明るく表示し、敵や環境の変化を視認しやすくする。

このほか、バックライトのちらつきがないフリッカーレス設計と、5段階でブルーライトを低減する「ブルーリダクション機能」などを搭載。

主な仕様は、画面サイズが23.8型ワイドの非光沢(ノングレア)、解像度が2,560×1,440ドット、視野角が上下178度 / 左右178度、輝度が300cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が14ms、オーバードライブレベル2時は最大5ms(GTG)。2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵する。

映像入力インタフェースはHDMI×3、DisplayPort×1。スタンドのチルト角度は上20度 / 下3度、スイーベルは左右130度、110mmの高さ調節とピボットも可能。VESAマウントは100mmに対応し、本体サイズはW541×D231×H426~536mm、重量は6.3kg(スタンドあり)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Win、mac、Androidで使えるUSBテレビチューナー3月2日登場
お値段9990円!機内持ち込みサイズで44lの大容量を実現したドン・キホーテのキャスターが収納できるキャリーケース
MLC採用の超小型USBメモリーがTranscendから販売中
メインを格安スマホに乗り換える人にオススメの「電話かけ放題付きプラン」8選
史上最悪規模のDDoS攻撃 「Mirai」まん延、なぜ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加