高橋一生、タートルネック×メガネが癒やし!微笑みに胸キュン「第30回 日本メガネベストドレッサー賞」

高橋一生、タートルネック×メガネが癒やし!微笑みに胸キュン「第30回 日本メガネベストドレッサー賞」

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/10/12

高橋一生/モデルプレス=10月11日】俳優の高橋一生が11日、『第30回 日本メガネベストドレッサー賞』の芸能界部門(男性)を受賞し、東京ビッグサイトで行われた表彰式に登壇した。

No image

(写真 : 高橋一生 (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】土屋太鳳・高橋一生・欅坂46らの貴重(?)メガネショット多数

ワインレッドのタートルネック×ジャケットという秋らしい着こなしで登場した高橋。授賞式では複数のメガネを次々にかけ、それぞれ笑顔で披露していた。

「(私物では)15本くらいありますね。UV加工をされている物が多いです」と紹介し「最近はフロットレンズの丸い物や、縁がシルバーだったり金がかったシルバーの物が好き」「スクエア(型)ももちろん好き。好きなものは丸かスクエアですね。そこまで長細くない物が好き」とこだわりも。

さらに「20代の中盤くらいからメガネを集め始めた。少しずつたまっていった感じですね」と明かした高橋。「(役作りとしてもあるが)他にも20代の頃に、目が(日に)焼けていっていしまう、という話を聞いて透明のメガネをかけるようになった」と集め始めたエピソードも紹介した。

◆高橋一生、視力が良い

この日、スピーチでは「協会の方からの大きな支持を頂け受賞できたことをとても嬉しく思っています…嬉しく思っていますが、僕は視力が2.0です」とまさかの告白。「ただメガネというものはとても使わせて頂いております。お芝居をさせて頂く上で、メガネは表情の一つになっていると思う」と語っていた。

◆「日本メガネベストドレッサー賞」

同賞は1988年から毎年、過去1年を通じて「最も輝いていた人」そして「メガネの最も似合う人」を各界から日本メガネベストドレッサー賞として選考するもの。30回目となる今年は高橋のほか、経済産業大臣の世耕弘成氏(政界部門)、伊藤忠商事株式会社・代表取締役社長の岡藤正広(経済界部門)、脚本家・監督・俳優の宮藤官九郎(文化界部門)、レスリングの吉田沙保選手里(スポーツ部門)、女優の土屋太鳳(芸能界部門・女性)、モデルの森星(サングラス部門)、アイドルグループ・欅坂46 (特別賞)が受賞した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビートたけしが「唯一勝てないと思った芸人」を激白 ファンからも納得の声
ざわちんの生放送出演に「SNSと顔が違いすぎる」と騒然 加工の影響?
田中美佐子の“蕎麦の食べ方”にドン引き!? 「行儀悪い」「女優イメージ崩れた」と呆れた声
ベッキー、「当然のような態度」でアンガ田中との交際を拒絶して批判殺到!
元SMAP『72時間テレビ』GLAY出演決定に”業界内がザワめく”理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加