【デトロイトモーターショー2017】ポルシェ 911 GTSに改良新型...450馬力ツインターボ

【デトロイトモーターショー2017】ポルシェ 911 GTSに改良新型...450馬力ツインターボ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/01/11
No image

ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェは1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、改良新型『911カレラGTS』を初公開した。

911カレラGTSは、「911シリーズ」の中で、『911カレラS』と『911 GT3』の中間に位置づけられる。2014年秋、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー2014でデビューした。それから2年半を経た今回、改良新型モデルが登場している。

改良新型モデルのハイライトは、『911カレラ』同様、ダウンサイズエンジンの採用。自然吸気の3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを、3.0リットル水平対向6気筒ガソリンツインターボに置き換えた。

この3.0リットル水平対向6気筒ツインターボは、改良新型911カレラGTSの場合、最大出力450psを発生。排気量を800cc縮小しながら、従来型に対して20ps上回るパワーを獲得した。

改良新型911カレラGTSでは、最も速い仕様の場合、0-100kmh加速は3.6秒と、従来の4秒から0.4秒短縮。最高速は312km/hに到達している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
やくみつる氏も苦言、「高齢者」年齢定義引き上げの意味とは
セブンイレブン コーヒーマシン刷新 入れ替え特需発生!?
訪日韓国人観光客数が過去最高に!初の500万人超え=韓国ネット「確かに日本旅行は最高」「慰安婦像設置か、日本旅行かどっちかにして」
近づく「東芝解体」=相次ぐ事業売却
【東京オートサロン2017】謎のモデルT880、抜群のボディワークで軽トラをカッコよく:工藤貴宏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加