MRJ、北米で飛行試験開始--北米到着から20日目に初飛行で3時18分

MRJ、北米で飛行試験開始--北米到着から20日目に初飛行で3時18分

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

三菱航空機は10月18日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)の飛行試験機初号機に関して、米国での飛行試験を開始したことを発表した。

No image

初飛行の飛行時間は3時18分となった

飛行試験機初号機は、日本時間の18日5時20分(現地時間の17日13時20分)にグラント・カウンティ国際空港(米ワシントン州)を出発し、同日8時38分(現地時間17日16時38分)に同空港に着陸した。飛行時間は3時18分となった。

同機は9月26日、名古屋から飛行試験拠点である米国ワシントン州モーゼスレイクへのフェリーフライトを実施。機体は、新千歳空港・ロシア連邦エリゾヴォ空港・米国アンカレッジ国際空港を経由し、現地時間の9月28日(日本時間の9月29日)にグラント・カウンティ国際空港へ到着。総飛行時間は13時間08分、総飛行距離は約8,300kmだった。

No image
No image
No image
No image

(c)2016 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
浜田雅功が“この人は異質”と感じた芸人
火星で1,600m級の超巨大“トリプルタワー”が発見される! 人類移住時に基地として利用可能!?
「説得力ありすぎる」成宮を思いやるたけしの自虐にネットがざわつく......
悠仁さまを乗せて追突事故! 宮内庁運転手の気の毒な処遇
成宮さん引退にビートたけし「フライデーだから」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加