【ホンダ フリード 新型】運転の苦手な人にも、走りを諦められない人にも[写真蔵]

【ホンダ フリード 新型】運転の苦手な人にも、走りを諦められない人にも[写真蔵]

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

ホンダは2008年の初代モデルから8年ぶりに、3列シートのコンパクトなミニバン『フリード』を全面改良し、9月16日に発表した。『フリードプラス』と合わせて発売1か月で2万7000台超を受注し、これは月販目標の4倍以上という好調な販売滑り出しだ。

新型は1.5リットルのガソリン車と同排気量のハイブリッド車(HV)をラインナップ、HVの最高燃費は27.2km/リットルとミニバンではトップレベルである。価格は188万(フリードBのFFモデル)~267万6000(フリード+HYBRID EX)という設定になっている。

乗っていてまず感じるのは「足回りの良さ」だ。新型フリードで首都高を走る機会があったが、急なカーブの続く環状線を難なく走り抜けることができた。旋回半径も5.2m(7人乗りのミニバンの平均は5.5m程)なので、扱いやすい。狭い立体駐車場や大都市の路地で便利だ。

「家族がいて、ちょっと運転の苦手なパートナーがいる、だけど走りも諦めきれない」そんな方におすすめの一台だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
小田急電鉄「EXEα」30000形リニューアル車両試乗会2月実施、親子100組招待
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
NTTドコモ、バーチャルアイドルを事業展開!初音ミクの生みの親KEI氏監修、
  • このエントリーをはてなブックマークに追加