「ヘタフェの10番は伊達じゃない」。元10番も柴崎のバルサ戦スーパーゴールを祝福

「ヘタフェの10番は伊達じゃない」。元10番も柴崎のバルサ戦スーパーゴールを祝福

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/09/17
No image

ヘタフェの柴崎岳【写真:Getty Images】

リーガエスパニョーラ第4節の試合が現地時間16日に行われ、ヘタフェがホームでバルセロナと対戦した。見事な先制ゴールを記録したヘタフェの日本代表MF柴崎岳に対しては、ヘタフェの「10番」の先輩にあたる元スペイン代表MFのルベン・デ・ラ・レー氏も賛辞を送っている。

今季から加入したヘタフェで10番をつける柴崎はバルサ戦の前半39分、エリア手前で浮いたボールにボレーで合わせて強烈なシュートをゴール右上隅に突き刺した。昨年12月に行われたクラブ・ワールドカップのレアル・マドリー戦で2得点を記録したのに続き、マドリーとバルサのスペイン2強からゴールを奪った初めての日本人選手となった。

この衝撃的なゴールに対し、ヘタフェの「元10番」からも祝福のメッセージが送られた。2007/08シーズンにヘタフェで10番をつけたデ・ラ・レー氏は、自身のSNSアカウントで柴崎のゴール動画を投稿し、「ガク・シバサキのなんというゴラッソ(スーパーゴール)…ヘタフェの10番は伊達じゃない」とコメントしている。

バルサにとって今季リーガ初失点となる先制点を叩き込んだ柴崎だが、54分には負傷のため交代を余儀なくされた。バルサはその後2点を奪って逆転し、2-1で開幕4連勝。柴崎のスーパーゴールは残念ながらチームの結果には繋がらなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パリSGの内紛報道再び!  T・シウバ誕生会での集合写真にカバーニの姿なし...
“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」
「もう答は出た、オカザキがベストだ!」 レスター地元紙が巻き返しの最重要キーマンに指名!
ネイ移籍以降 PSGが火事場
カバー二 PK譲れば1億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加