海外の高級ブランド、中国人の好みに合わせた商品を次々に発売―中国紙

海外の高級ブランド、中国人の好みに合わせた商品を次々に発売―中国紙

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/11/13
No image

海外の高級ブランド、中国人の好みに合わせた商品を次々に発売―中国紙

世界的な高級ブランドが中国のダブル11(11月11日のネット通販イベント)に合わせた「限定版」を打ち出している。写真は那覇空港の観光客。

米国に留学している金●(ジン・チー、●は王へんに其)さんによると、世界的な高級ブランドが中国のダブル11(11月11日のネット通販イベント)に合わせた「限定版」を打ち出している。同じシリーズの化粧品と成分などは何も変わらないものの、「限定版」は見た目も美しく、「これを逃すと後では買えない」という気持ちにさせられるという。 中国青年報が伝えた。

ここ数年、金さんの財布のひもを緩ませる「限定版」は増加している。アルマーニなどの世界的な有名ブランドが干支に合わせた数量限定版の商品を打ち出したり、高級化粧品ブランドのドゥ・ラ・メールが増量版を打ち出したりし、金さんを大喜びさせている。

金さんと友人らは、「たくさんの有名ブランドが干支に合わせた商品を次々に打ち出しており、中国人の好みを本当によく分かっていると感じる。干支は有名ブランドが『中国風』の商品を打ち出す際にまず目を付けるポイント」と話した。

最近発表された「2017中国FMCG(日用品)産業年度報告」によると、中国のFMCGの成長は国内総生産(GDP)の成長を下回り、オフラインの成長はオンラインの成長を下回っている。16年、FMCGの競争は商品の競争からブランドの競争へと少しずつ変化し、ブランドの更新率は21.2%に達した。

中国商務部流通産業促進センターサービス業研究室の陳麗芬・副室長は、「中国の国民1人当たりのGDPは8000ドル(約91万2000円)を超え、購買力は明らかに増強されている。消費の個性化、カスタムメイド化の特徴が際立っている。また、中国の消費規模は米国に継ぐ世界2位。中国消費市場のポテンシャルは大きく、国外のブランドは中国の巨大な消費力を見て、中国の消費者が自社の商品の購入を牽引することを願っている」と分析している。

商品のカスタムメイドのほか、多くの有名ブランドは中国の消費者、市場に合わせたマーケティング方法を編み出している。

米国の独立記念日だった2016年7月4日、米百貨店・メイシーズは米国本社のサポートを得て、中国のショッピングサイト・天猫でのライブストリーミングを初めて行い、中国人がオンラインで、独立記念日のパレードや花火ショーをリアルタイムで見ることができるようにした。同年9月、メイシーズはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンの劇場でファッションショーを行い、初のアジア系のゲストとして歌手のココ・リーを招き、天猫でライブストリーミングを行った。

昨年初め、米化粧品会社・メイベリンは、モデルのアンジェラベイビーを起用して天猫でライブストリーミングを行い、2時間で口紅1万本を売り上げた。フランスの化粧品メーカー・ゲランの広告モデル・楊洋はライブストリーミングで、1日の売上高が120万元(約2040万円)に達し、アクセスするユーザーが771%増えた。オンラインとオフラインで口紅が1万本以上売れ、1日当たりの平均販売数100%増、前年同期比200%増となった。

化粧品メーカー・ ロレアル(中国)のStephane Rinderknech最高経営責任者(CEO)は、「新たな小売りスタイルの登場で、中国がオンラインの世界市場を牽引するようになり、EC取引からオンライン・オフラインの開通、連結の面で、中国は世界一」との見方を示している。

新しい小売りの概念について、Rinderknech氏は「とても面白い。オンラインとオフラインがライバル関係になることはもうなく、消費者を中心としてつながっている。消費者が私たちに大きな変化をもたらしてくれた。特に中国では、ブランドはトレンドに絶対について行かなければならない」と指摘。

そして、「新しい小売りスタイルの牽引の下、中国市場は世界市場の先頭に立ち、トレンドリーダーとなっている。中国市場の台頭により、当社のような国際的な化粧品ブランドの内部にも変化が起きている。当社のパリの経営陣らはとても熱心に実務に励んでいる。以前は経営陣が決定したことを私たちが実行していたが、今はそれが逆になっている。首脳陣は私たちに、中国の状況を聞き、私たちのノウハウを他の地域で実行している」と紹介した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国ネットが選んだアジアの5大名将、日本から1人、中国から2人、1位は韓国の名将―中国メディア
「ここは南側ですか?」脱北の北朝鮮兵士が意識戻る
日本以外に日本語が公用語の国があったのか!―中国ネット
スマート自動運転路線バス、2022年北京冬季五輪に登場予定―中国
「韓国軍に慰安婦の導入が急務」韓国大統領府への請願が波紋呼ぶ=韓国ネット「日本との間で慰安婦問題を抱えているのに...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加