最終戦初勝利「不可能はない」

最終戦初勝利「不可能はない」

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/14
No image

初戦を白星で飾ったディミトロフ : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は13日、グループ・ピート サンプラスのシングルス予選ラウンドロビンが行われ、第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が第4シードのD・ティーム(オーストリア)を6-3, 5-7, 7-5のフルセットで破り、初戦を白星で飾った。

>>フェデラーvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

この日ディミトロフは、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が80パーセントのティームから3度のブレークに成功し、2時間21分で勝利した。

試合後の会見では「人生で忘れられない新しい経験の1つ。この舞台に立ちたかった。こうして最初の試合に勝つことができたのは前向きに捉えられる」と喜びを語った。

ブルガリア人として初のATPファイナルズ出場を果たした26歳のディミトロフは「ブルガリアにとって、とても大きなことだと思う。不可能なものはないと証明できたのは、自分にとって素晴らしいこと。限界などない。どこの出身だろうと、自分次第で全てが手に入る。何かを願い、日々限界まで努力している人にとっても、限界などないと気付かせることができた特別な瞬間だったと思う」とコメントした。

「自分は攻撃的な選手だと思っている。心でそう思うようにしている。この大会だけでなく、どの大会でもそうすることは大切だと感じている。ポジティブな気持ちを持ち続けなければならない。タイトルを獲得するには、完成させなければいけないものがたくさんある。何も与えてはくれない。自分から掴み取らなければいけないんだ」

最後に、次戦へ向けて「まだ試合は続く。今はしっかり休むことしか考えていない。正直、誰と対戦するかはあまり関係ない」と今季3勝をあげているディミトロフは意気込んだ。

今大会のシングルスはグループ・ピート サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。

【グループ・ピート サンプラス】
(1)R・ナダル(スペイン)0勝1敗
(4)D・ティーム 0勝1敗
(6)G・ディミトロフ 1勝0敗
(7)D・ゴファン(ベルギー)1勝0敗

【グループ・ボリス ベッカー】
(2)R・フェデラー(スイス)1勝0敗
(3)A・ズベレフ(ドイツ)1勝0敗
(5)M・チリッチ(クロアチア)0勝1敗
(8)J・ソック(アメリカ)0勝1敗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
天才バッジョを次々と襲った悪夢と逆風 失意を希望に変え続けたファンタジスタの輝き
ペルーのW杯出場資格剥奪の可能性が急浮上!? 失格なら...代わりに出場する国は?
浅野拓磨が今季初ゴール!...こぼれ球を左足で押し込み貴重な先制弾
オーウェン氏、騎手デビュー戦で2着「馬がとてもよくやってくれた」
R・シルバが故障の不安を一掃、スタメン出場が濃厚か 「全ての風が僕たちに吹いている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加