ヤクルト藤井「思い切りいった」今永から先制適時打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10

<ヤクルト1-6DeNA>◇10日◇神宮

ヤクルト藤井亮太捕手(28)が先制の適時打を放った。

2回2死三塁からDeNA今永の初球をとらえ、左前へとはじき返した。捕手登録ながら内野の複数ポジションをこなし、この日は「8番三塁」で先発出場。持ち味の打撃で結果を残した。「打ったのは外のストレートかカットボール。初球から思い切りいきました」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
「松井秀喜との対戦は面白かった」 名手たちが脳裏に刻む「名勝負」の記憶
明豊・溝上投手 けがを克服、ベンチ入り ライバルと対決夢託す
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
[全中]日章学園、まさかの前半2点ビハインドも後半3発で逆転勝ち(16枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加