阿武咲ガッツ!初金星! 21歳新鋭単独トップ5連勝「上にいないといけない」

阿武咲ガッツ!初金星! 21歳新鋭単独トップ5連勝「上にいないといけない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

ファンの見送りに笑顔で引き揚げる阿武咲

「大相撲秋場所・5日目」(14日、両国国技館)

阿武咲は横綱初挑戦で日馬富士から金星を獲得し、5連勝で単独トップ。1敗で大関豪栄道ら7人が追う。

阿武咲は跳びはねるように土俵中央でガッツポーズをつくった。初の横綱挑戦で日馬富士をはたき込んだ一番は「覚えていない」。単独トップの5連勝となる初金星を実感させたのは、乱れ飛ぶ座布団だった。

「下半身で相撲を取れ」。ほれ込んでいる横綱稀勢の里からの金言が生きた。幕下に陥落した昨年夏場所前には、出稽古にきて胸を出してくれた。

師匠の阿武松親方(元関脇益荒雄)も、87年初場所で双羽黒を撃破して横綱初挑戦で金星を獲得している。師弟での快挙にも、26本の懸賞の束を受け取って支度部屋に戻ると、笑顔はすぐにしまい込んだ。思い描くのは稀勢の里との初顔合わせ。「しがみついてでも追いかけたい。上にいないといけない」。21歳の純粋な思いが、桁外れの勢いの原動力になっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪栄道「この経験あったからと言える相撲人生に」
元朝青龍、豪栄道に“カツ”ツイート「集中力がない!!」
横綱・稀勢の里 なぜ報じない「年内絶望」と「本当の症状」(1)今年は休んだ方がいい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加