【丸山茂樹 メジャー基準】コース熟知かつ天候にも慣れていた ローリーは思い描いた通りのゴルフ

【丸山茂樹 メジャー基準】コース熟知かつ天候にも慣れていた ローリーは思い描いた通りのゴルフ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/07/23

◇米男子ゴルフツアー 全英オープン最終日(2019年7月21日 北アイルランド ロイヤルポートラッシュGC)

No image

<全英オープン最終日>地元の声援を背にバンザイしながら18番グリーンに向かうS・ローリー(中央手前)(撮影・沢田 明徳)

全英オープンには96年から来ているが、ギャラリーがこんなに興奮して喜んでいる姿を見たのは初めてだ。68年ぶりに北アイルランドで大会が開催され、しかもアイルランド出身のシェーン・ローリーがクラレット・ジャグを手にした。まるで事前に台本が用意されていたかのような、感動のフィナーレだった。

最終日は悪天候に見舞われた。強い風と雨の中、ローリーはスタートの1番でいきなりボギーを叩く。だが4、5番の連続バーディーですぐに盛り返した。ミスは最小限に抑え、取れるホールでしっかりバーディーを取る。コースを熟知している上に、この地特有の天候にも慣れていたため、思い描いた通りのゴルフができていた。しかもギャラリーの大声援に後押しされ、気分は乗りまくったはずだ。終盤の14番でボギーを叩いたものの、追いかけるフリートウッドがダブルボギーと崩れたことで、逆にバーディーを取れた気持ちになったのではないか。あれで勝負ありという感じになった。

初出場の浅地と稲森は最終日に苦しんだ。だが、自分たちが次のステップに進むためにこれから何をすべきなのか、いい勉強になったはずだ。2人ともまだ若い。目標と課題をしっかり持って日々の練習に取り組み、再びここに戻ってきてもらいたい。(20年東京五輪日本代表ヘッドコーチ、プロゴルファー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
後半戦の出場権争いも白熱!大西葵らが“ボーダーライン”を突破【女子リランキング】
原英莉花と吉本ひかる 黄金世代のミズノ女子が互いに「勝てない」と思うところは?
渋野日向子フィーバー 今季ゴルフ中継の最高視聴率12・3%「NEC軽井沢72」
ツアー初優勝のペ・ソンウ。日本文化が大好きで「長くプレーしたい」
渋野日向子が“全英V仕様”で国内ツアーに出場? 「PING」が女性ゴルファー応援企画を実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加