オリックス・ドラ2 K-鈴木 落差ある“岸カーブ”にスタッフ「おぉ!」

オリックス・ドラ2 K-鈴木 落差ある“岸カーブ”にスタッフ「おぉ!」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/13
No image

新人合同自主トレでキャッチボールするK-鈴木

オリックスのドラフト2位・K-鈴木投手(23)=日立製作所=が12日、新人合同自主トレで“岸カーブ”を披露した。キャッチボールながら、あまりにも大きな落差にスタッフも思わず「おぉ!」と声をあげた。

気温2度の舞洲サブ球場で新人選手がキャッチボール。ひときわ仕上がりの早さを見せていたのがK-鈴木だ。186センチの長身から投げ込まれる角度あるボールに注目が集まった。そのときだった。相手のはるか頭上に投げたようなボールが大きく曲がってグラブに収まった。相手を務めたドラフト1位の田嶋が「1回目線が上がってから落ちてきた」と驚きの声をあげたほどの落差だった。

K-鈴木は「楽天の岸さんのような軌道が理想。今は110キロくらいですが、もう少しスピード差がほしいので腕を振って100キロ台になるようにしたいです」と話す。

MAX154キロの速球にスピード差40キロの“岸カーブ”があれば大きな武器になる。即戦力右腕は緩急で開幕1軍をアピールする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
福原愛が長女出産後初の観戦 石川らのプレーに拍手
日本ハムD1・清宮、リタイア...右手親指負傷で1週間練習制限
日本ハム栗山監督がいま明かす「大谷との5年間、清宮とのこれから」
意外に難しい来日1年目の2ケタ勝利
万年最下位から空前のDeNAベイスターズブームへ...ハマスタ大改修、誰でも感動体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加