つるの剛士、ウルトラマンダイナでの演技のせいで後輩ウルトラマンに迷惑?

つるの剛士、ウルトラマンダイナでの演技のせいで後輩ウルトラマンに迷惑?

  • Yomerumo
  • 更新日:2018/05/27

5月20日放送の「日曜もアメトーーク!」(テレビ朝日系)は「ウルトラマン芸人」をテーマにトークを展開し、タレントのつるの剛士は1997年に「ウルトラマンダイナ」の主演を演じたこともあり、テンションが上がりっぱなし。当時の撮影秘話などを明かし、スタジオ中が感心の声に包まれた。

■つるの「出演した時のグッズは全て遺産です」

番組序盤、スタジオに登場したつるのは早速ウルトラマン愛を語る。「本当にこの企画待ちわびておりました!幼稚園の頃からウルトラマンになりたいって思ってましたし、七夕の時短冊に『将来ウルトラマンになる』って書いてたんですよ」と明かし、MCの雨上がり決死隊の2人は「夢叶ってるやん!」と驚いた。

座りトークでは、ウルトラマンダイナへのこだわりを見せるつるの。「自宅と別にレンタル倉庫を借りておりまして、当時着てた隊員服などを収めてます。第一話の時しか着なかった、世界で一着しかないものとか」と話したところで実際の写真が登場。

これに宮迫博之は驚きつつ「普通、こんなの頂けないでしょ?」と質問すると、つるのは「(ウルトラマンの制作会社である)円谷プロダクションの社長にお願いしたらOKをもらえました。僕自身が出演してたので、こういうのは『遺産』としてぜひとっておきたいですよね」と答える。当時の台本やスタッフジャンパー、おもちゃなども写真で登場し、出演者一同も羨ましそうな声を上げていた。

続けて、つるのは「(熱血でお調子者であるという)キャラクター設定的に僕に合っているということで主人公をやらせて頂いたんですけど、僕スポーツが苦手で、(アクションシーンとかは)何度も何度も撮影やらされましたね」と苦労話を語る。

さらに「走るシーンとか女の子走りになっちゃって、次のウルトラマンガイアのオーディションでは『スポーツ』が一つ項目にできたそうなんです。そういった意味で、後輩に迷惑かけたなと思いました」と意外な秘話も明かし、スタジオ中笑いに包まれた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浜田雅功が妻・小川菜摘とのなれそめ&激レアな夫婦話を黒川智花に告白!
「手越飲み会」参加の17歳タレント“解雇理由”に入ったツッコミの嵐
柴崎岳と真野恵里菜の遠距離恋愛に障壁の数々......「W杯で活躍できなければ結婚は無理?」
仲里依紗&中尾明慶、ご夫婦で"久プリ"に引く「恐怖画像」「すっぴんでこの仕上がり」
弘中アナが熱愛報道認める、イジる若林に「バカ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加