ネーサン・チェン SPで跳ぶのか...?4回転ルッツを練習

ネーサン・チェン SPで跳ぶのか...?4回転ルッツを練習

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/16
No image

調整するネーサン・チェン=江陵(撮影・高部洋祐)

「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

公式練習が15日、江陵アイスアリーナのサブリンクで行われ、男子66年ぶりの連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=や初五輪の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車、2人のライバルと目されるネーサン・チェン(米国)も参加した。

チェンは、SPの曲かけ練習の冒頭で4回転ルッツに挑戦。バランスを崩して手をついたが、曲が終わってから跳び直した際には4回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプを成功するなど、順調に仕上がっているようだ。

団体男子SPでは、チェンは4回転アクセルを除けば最も基礎点の高いルッツではなく4回転フリップを選択。しかし固さからか着氷が乱れ、その後も安定感を欠く演技で4位と沈んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
羽生選手、連日各局の取材攻め 失礼な質問を逆手に名を上げたアナウンサーとは
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
酷評された中居正広のフィギュアスケート中継レポート
羽生結弦の「ある行動」に称賛続々! ファンが感動した「心遣い」とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加