日本人対決波乱!西岡良仁が錦織圭にストレート勝利

日本人対決波乱!西岡良仁が錦織圭にストレート勝利

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/08/15
No image

リターンを返す錦織(ロイター)

<テニス:ウエスタン・アンド・サザン・オープン>◇14日(日本時間15日)◇米シンシナティ◇男子シングルス2回戦

世界77位の西岡良仁(23=ミキハウス)が、日本男子のエースを破った。日本男子NO・1とNO・2の対決は、西岡が同5位の錦織圭(29=日清食品)に7-6、6-4のストレートで勝ち、3回戦に進んだ。3回戦では同38位のデミノー(オーストラリア)と対戦する。両者は初対戦だった。

錦織は、明らかに体調不良で、第1セットの終盤にドクターを呼んだ。点鼻薬で鼻への吸入と、飲み薬をもらうなど、息が荒く、足がまったく動かない状態。対する西岡は、チャレンジャーとして、得意のスピンをかけた鋭角な球で錦織を振り回した。第1セットはタイブレークになったが、西岡が快勝。第2セットは、第7ゲームで先に錦織がブレークしたが、西岡がすぐにブレークバック。そこから錦織は反撃する力が残っておらず、そのまま西岡が押し切った。

錦織は、26日に開幕する全米(ニューヨーク)に向け、前哨戦2大会で1勝もできずに本番を迎えることになる。

▽西岡良仁の話 「前日から寝られなくて。試合をすること自体が目標。とても興奮していた。(錦織の)強いところをずっと近くで見て学んできた。どうやったら勝てるかと作戦も立てていた。今日は思い切ったプレーができた」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マレー 2週連続で単に臨む
桃田や「ナガマツ」が連覇に挑む、五輪前年のバドミントン世界王者は誰だ!?
錦織「コートに戻る」。26日開幕の全米OPに向け練習再開
バド園田、嘉村組が三度目の正直へ 五輪切符へ勝負
【企業分析バトル】TOKYO2020まで1年、スポーツ熱を感じる「ヨネックス」を選ぶ(早稲田大学)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加