「イニエスタ以上のスーパーゴール」 日本人FWの“ジャンピング弾”を海外絶賛

「イニエスタ以上のスーパーゴール」 日本人FWの“ジャンピング弾”を海外絶賛

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/08/13
No image

大分トリニータFW後藤優介【写真:Getty Images】

大分FW後藤が岡山戦で圧巻のボレー弾、ブラジルメディアが注目「ゴトウが輝いた」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが11日のJ1第21節ジュビロ磐田戦(2-1)で来日初ゴールをマークし、世界中のメディアから脚光を浴びた。そんななか、J2大分トリニータの日本人FWが決めた鮮烈な一撃をブラジルメディア「UOLエスポルチ」が取り上げ、「日本でイニエスタ以上のスーパーゴール」と報じている。

「もちろん、アンドレス・イニエスタの日本初ゴールは世界から脚光を浴びたが、素晴らしいゴールはそれだけではなかった。大分トリニータがファジアーノ岡山戦で圧巻のゴールを決めた」

ブラジルメディア「UOLエスポルチ」が注目したのは、J2大分対岡山(4-1)の試合だ。1-1と拮抗した状況で迎えた後半40分、大分にスーパーゴールが生まれた。右サイドからMF馬場賢治がふわりとしたクロスボールを相手ゴール前に供給。中央で反応したのは、9番を背負う後藤優介だった。浮き球に反応した後藤はジャンプすると、体全体を上手く横に傾けてボレーシュートを放ち、勝ち越しに成功した。チームもそのまま4-2と勝利を手にしている。

「大分のストライカー、ユースケ・ゴトウが輝いたのはその時だ。エリア内にクロスが送られ、彼はボレーを放ち、ネットを揺らした」

チームに勝利をもたらす決定的な一撃だったと伝え、後藤のジャンピングボレー弾を称賛した。イニエスタの華麗なゴールも観る者を驚かせたが、ブラジルメディアは日本人FWのゴールにイニエスタ以上の輝きを見たようだ。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神戸MF佐々木、ブラジルの名門パルメイラスに期限付き移籍へ...16日にも正式発表
シメオネとファルカオの絆は健在! レマル獲得時に意見を求める
素振りと腰のケガについて考える
前監督続投なら移籍していた...チェルシーMFウィリアン「ノーチャンスだ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加