10年選手のビューエル『XB9』、英国にて仮面のカスタムバイクとして再生される

10年選手のビューエル『XB9』、英国にて仮面のカスタムバイクとして再生される

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2018/01/14
No image

掲載:d.365

2009年に市販車の生産から撤退してしまったが、ハーレー・ダビッドソンのエンジンを搭載したスポーツバイクで知られたブランド「ビューエル」のプロダクトは、多くの面で大手メーカー製バイクとは一線を画する存在だった。そんなビューエルの『XB9』をカスタムしたマシン『Buell XB9 1/1』が、イギリスを拠点とするカスタムビルダー「deBolex」によって製作されている。

【詳細】他の写真はこちら

オーナーが10年間乗り続けた『XB9』に数々のカスタムを施したという『Buell XB9 1/1』。フロントフォークはショーワ製のものに変更され、ブレンボのディクブレーキとキャリパーが装着されている。ホイールはDymag製のカーボンホイールで、モノショックはMaxton製のRT10だ。

フロント部分には、まるでロボットの顔面のような四角いカウルが。ライトやエアインテーク状のフィンがなんとも個性的なデザインだ。

原型の『XB9』とはまったく違う印象となる細身のシングルシートを装着。ベルベットのような素材を採用したシートの座り心地はどんな感じだろう。

『Buell XB9 1/1』は一点限りの受注カスタム作品のようで、公式ページにパーツ販売などの情報は掲載されていない。今はなきビューエルブランドだが、その独創的なバイクがカスタムされて、さらなる進化を遂げているのは嬉しい限りだ。

関連サイト
Buell XB9 1/1(deBolex)

text塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンダ『オデッセイ』に搭載された最上級シート「プレミアムクレードルシート」の真実
メルセデス GLC 初の改良モデル、デジタルコックピットを最速スクープ
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
年金支給を70歳超えまで繰り下げた人は、いくら得をするのか?
自販機の商品をキャッシュカードで 伊藤園が開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加