中日又吉の弟亮文投手1/3回を3失点で降板

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14

<明治神宮野球大会:星槎道都大10-2環太平洋大>◇14日◇大学の部準決勝◇神宮

中日又吉の弟で環太平洋大・又吉亮文投手(4年=浦添)が、1/3回を3失点で降板した。2点ビハインドの6回無死三塁から登板。

1死を取ったが、3者連続四死球でマウンドを降りた。「言い訳できないくらい、ブルペンでは良かったですが、マウンドで自分のボールを投げられなかった。勢いをつけられず、申し訳ないです」と悔しさをにじませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加