村田諒太、30日に世界前哨戦「機会を頂けた」

村田諒太、30日に世界前哨戦「機会を頂けた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

公開スパーリングでパンチを繰り出す村田諒太(撮影・山崎哲司)

ボクシングの帝拳ジムは1日、12年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBO・IBF同級3位の村田諒太(30=帝拳)が、30日に東京・有明コロシアムで「世界タイトルマッチ前哨戦」と称し、元WBC米国ミドル級王者ブルーノ・サンドバル(25=メキシコ)とミドル級10回戦を行うと発表し、都内のジムで会見を行った。

約1カ月前に発表となったのは、自ら希望したため。30日の興行のメインは、WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(23=大橋)が、前WBA世界同級王者河野公平(36=ワタナベ)を迎える4度目の防衛戦。その前座として井上の弟拓真(20)の世界初挑戦が予定されていたが、先月上旬の右拳の故障により中止されていた。試合の「枠」が1つ開く事態に、「最初は冗談として『僕やってみたいですね』と言っていたら、こういう機会を頂けた。ありがたいと思ってます」と経緯を述べた。

プロ12戦目は、13年8月のデビュー戦以来となる有明コロシアムになる。「縁起が良い会場」で、21戦19勝(15KO)1敗1分けのメキシカンを迎え撃つ。今年は1、5、7月と3戦3KO勝利中。「正月と、誕生日(1月12日)を気持ちよく迎えたいですね」と、4連勝で16年を締めくくる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“穂積塾”開講でスパーリング相手を急募 “長谷川2世”大森を大歓迎
本間・真壁組がワールドタッグ連覇 1・4にIWGPタッグ王座挑戦へ
長谷川穂積、心に残る対戦相手は「嫁」
新日本・真壁&本間がワールドタッグ史上初の連覇、1・4東京DでIWGP挑戦へ
棚橋、1・4メイン決めるファン投票を拒否「メインに縛られない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加