日本ハム清宮、沖縄2次キャンプも1軍で英才教育

日本ハム清宮、沖縄2次キャンプも1軍で英才教育

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

日本ハム清宮は贈られた特大バレンタインチョコを両手に笑顔を見せる(撮影・松本俊)

右手親指打撲の影響で調整が遅れている日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(18=早実)が、沖縄2次キャンプも1軍で英才教育を受けることになった。すでに打撃練習は再開。少しでも実戦の機会を増やし、未来の大砲を育てる。チームは今日14日(日本時間15日)に米国アリゾナ州での1次キャンプを打ち上げて、沖縄へ移動。清宮は、早ければ21日韓国サムスン戦(赤間)で、打席に立つ予定。

13日(同14日)に行われた韓国LGとの練習試合では、7回無死一塁で人生初という代走から出場した。ランエンドヒット、ヒットエンドランのサインに対して「テストみたいな感じじゃないですか? ミスもなかったので1歩前進かなと思います」と手応え。体の状態を考慮し打撃練習は一休みしたが、そのぶん、守備や走塁で、これまでにない経験を積んでいる。(スコッツデール=中島宙恵)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カー女子銅メダル、歴史つくったリンドコーチの一喝
モーグル原大智「次は金メダル目指す」 日本勢メダル1号、北京五輪へ意欲
日本ハムD1・清宮、豪快空振り三振デビュー!「自分のスイングをしたかった」
水海道第一高等学校(茨城)
高校野球ドットコム
カー女子初メダル、どん底を知る女が取り戻したモノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加