【柏】ペルー帰りの35歳、澤昌克が「僕を踏み台に...」と思うほど若手に伝えたいこと

【柏】ペルー帰りの35歳、澤昌克が「僕を踏み台に...」と思うほど若手に伝えたいこと

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/12
No image

澤はペルーでの経験から気持ちの重要性を説いた。写真:田中研治

No image

4年ぶりの復帰となった澤は様々な想いを口にした。写真:田中研治

1月10日に行なわれた柏レイソルの新体制発表会で、ずらりと並んだ新戦力たちが次々と今季の抱負を語る。最後にお鉢が回ってきたのはペルーのデポルティボ・ムニシパルから約4年ぶりに復帰した35歳の澤昌克で、まずは自己紹介で「U-18出身の…」と切り出して会場の笑いを誘い、こう述べた。

「約4年ぶりにここ、レイソルに戻ってきました。(1月12日に)35歳になりますが、バリバリできるんだというところを、見せられるように頑張るだけです。(オファーには)驚いています。これはサッカーにおける人と人とのつながりで、このチャンスをまた活かせるように精進するだけです」

そう話す男が身に纏うユニホームの背番号は30。かつて2008年から13年まで所属し、リーグ91試合・11得点(2010年のみJ2)の活躍を見せた当時の8番とは異なる。30番に決めた経緯を明かしてくれた。

「レイソルサポーターは違和感があるかもしれないけど、ペルーでは2014年から30番を着けていて、何気に僕のなかでは(30番は)親しみある番号なので。これ、サ(3)ワ(0)っていう意味じゃないですよ(笑)。そこは意識していないです。背番号をどうするか言われたときに、8番の選択肢はまったくなかった。決して、小泉(慶)くんと喧嘩したわけではないので(笑)。正直、僕のなかでは、30番があればと思っていたら空いていた。(8番に)とくにこだわりはないです」

帰ってきたベテランは記者から「(30番を着けていた)ペルーの経験からの自身の変化」を聞かれると、「そうですね、言語力と…、それは冗談として(笑)」と言いながらも、言葉を続けた。

「正直、パワーアップはしてない。ただ例えば、スタメンや途中出場、どんな時間で出ても、誰が相手だろうと、自分のプレースタイルは変わらない。常にチームの風向きが良くなるようなプレーは、前にレイソルにいた時から見せていたと思う。そこを変えないのが第一」 それでも、異国の地での“ある出来事”から「ハート」について学んだようで、少し語気を強めながら話をしてくれた。
「あるフィジカルコーチから『人間の身体の中で一番大事な筋肉はなんだ?』って言われた。で、僕は、足の筋肉かな? 殿筋かな? ってちょっと冗談っぽく言ったら、『違う!』って。そしたら、『心臓だ!』って言うんですよ。心臓は100パーセントが筋肉であって、もう24時間365日で永遠と動いている。休まず。だから、そのハートを常に大事にする。そのハートを持っていない選手というのは、どんなに上手くても自分のポテンシャルを100パーセント出し切れない。難しい局面で消えてしまう」

ハートの大切さを説く澤は、1月12日に誕生日を迎える。学年が同じで「ちっちゃいおじさん(笑)」と冗談交じりに呼ぶ栗澤僚一とともに、クラブ最年長選手となるのだ。そのうえで、自らの役割は理解している。

隣に並んだ一部の若手たちが写真撮影でピースを求められ、少し照れるようにしていたのを「クールで、ピースしろと言われても、しないような子たちばっかりですから(笑)。ピースは僕らの世代ですかね(笑)」と笑いながらシャイな面を指摘。「(彼らについては)ボール扱いは誰が見ても上手い」と評するからこそ、メンタル面の重要性を熱弁する。

「サッカーは技術もそうですけど、向こう(ペルー)に行ってとくに分かったのはハート。そこは向こうで改めて思った。南米でも上手い下手はあるけど、それでもコーチや監督は強いハートを持てと。『チームのために一丸となって頑張る』って日本でも普通に聞くような言葉ですけど、それを試合や練習のたびにする。それはどこ(のクラブ)でも全員(一緒)。だからもう、それを前面に出して、ちょっとでも僕のちっちゃな背中から、感じ取ることができれば良いかなと思う」

そして、最後に澤は“ベテランができること”を語った。
「僕がやらないといけないのは、皆さんもご存じの通り、泥臭く(プレーする)。若い子たちのほうが上手いプレーはできるので、その選手たちに足りないところを僕が見せる。少しでも彼らが僕らベテランから学べるようにしたい。僕らを踏み台のようにしてくれて構わないので」

ACLも控える若いチームにとって、南米でまた一皮むけて帰ってきたベテランの存在は心強いばかりだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ガンバ革新】背番号10の絶対軸、倉田秋に問う「クルピ新監督、どうよ?」
森保ジャパン、送り込んだ選手を信じた指揮官と期待に応えた選手たち
最新FIFAランク発表。日本はアジア3位を維持。ロシアはW杯出場国最下位脱出
「それがないと、やっぱり」 準決勝へ導くゴール誓うU-21代表FW田川亨介
<平昌五輪>史上最多8回目の五輪に挑む葛西紀明、中国でも驚きと称賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加