凱旋門賞Vファウンド次走は連覇かかるBCターフか

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/18

15日に行われた英チャンピオンSで2着に敗れた凱旋門賞馬ファウンド(牝4、アイルランド)について、管理するエイダン・オブライエン師は連覇のかかるBCターフ(G1、芝2400メートル、11月5日=米国・サンタアニタ)へ参戦する可能性があることを示した。

16日、英レーシングポスト電子版が報じており、オブライエン師は「アメリカへ行くことに何の問題もない。7日~10日程度で決めたい」と話している。

また、凱旋門賞で3着に入り、15日のロングディスタンスCで4着に敗れたオーダーオブセントジョージは、23日に行われるフランスのロワイヤルオーク賞(G1、芝3100メートル、サンクルー)へ向かう可能性を示唆している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「これはサッカー史に残る!」GKによるビューティフルな劇的ゴールが決まる(動画)
本田のFKからラパドゥーラが決勝点...ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち
イブラがスーパーゴール決める! マンUは終盤に追いつかれリーグ戦3試合連続ドロー
FKで逆転弾の起点となった本田、伊メディアは及第点「左サイドで役に立った」
リバプール 技術で逆転負け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加