最新ランキングをチェックしよう
最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2016/10/19

地球との距離、約4光年。
「プロキシマb」は、地球に似た環境を持つ惑星のなかで、地球に最も近い位置にあるといわれています。居住に適するポテンシャルがあることから注目されてきたこの惑星、学術誌アストロフィジカルジャーナルで発表された新たな研究によると、その実態は完全に海である可能性が示唆されました。
2014年のSF映画「インターステラー」をご覧になった方は、上の画像に見覚えがあるはず。陸がない惑星

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「がんの新常識」意外に知らない医療の最前線
【やや人類滅亡】“惑星ニビル”の衝突が来年5月に変更される! 専門家が断言「金融危機と核戦争も発生」「7年間の“艱難時代”に」
なんと葉巻型!史上初となる恒星間小惑星「オウムアムア(Oumuamua)」を観測。太陽系外から飛来
3種混合薬で“認知症”物質減少 iPS細胞使い解明
2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加