最新ランキングをチェックしよう
最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2016/10/19

地球との距離、約4光年。
「プロキシマb」は、地球に似た環境を持つ惑星のなかで、地球に最も近い位置にあるといわれています。居住に適するポテンシャルがあることから注目されてきたこの惑星、学術誌アストロフィジカルジャーナルで発表された新たな研究によると、その実態は完全に海である可能性が示唆されました。
2014年のSF映画「インターステラー」をご覧になった方は、上の画像に見覚えがあるはず。陸がない惑星

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
朝鮮時代の仏像をCTスキャン、頭の中から高麗のお経が見つかる=韓国ネット「先祖の偉大さが分かる」「全国の仏像をスキャンしてみては?」
この超小型ロボットグリッパーは、ハエトリグサがお手本
宇宙の加速膨張は「プランクスケールでの時空の伸び縮み」の蓄積か - UBC
植毛でも育毛でもない!薄毛の最先端治療「ヘアクローニング」とは
岡山大など、味覚を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を解明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加