最新ランキングをチェックしよう
最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2016/10/19

地球との距離、約4光年。
「プロキシマb」は、地球に似た環境を持つ惑星のなかで、地球に最も近い位置にあるといわれています。居住に適するポテンシャルがあることから注目されてきたこの惑星、学術誌アストロフィジカルジャーナルで発表された新たな研究によると、その実態は完全に海である可能性が示唆されました。
2014年のSF映画「インターステラー」をご覧になった方は、上の画像に見覚えがあるはず。陸がない惑星

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
我々は「STAP問題」の本質を完全に見誤っていた! BBCも理学博士も断言「実験が再現できないのは日常茶飯事」
20年間のミッション終了間近な探査機カッシーニによる、「土星のデススター」の鮮明写真
明らかになったジェフ・ベゾスの新型ロケット - Amazon宇宙便は実現するか (4) 2020年、月への「Amazon宇宙便」が実現?
翻訳の間違いから多くの人々の心を掴むことになった20世紀の「火星の運河」論争とは?
【歴史的偉業】ロシアの科学者が「錬金術」の実在を証明! 核廃棄物も黄金に変える“元素変換”のメソッドとは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加