最新ランキングをチェックしよう
最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2016/10/19

地球との距離、約4光年。
「プロキシマb」は、地球に似た環境を持つ惑星のなかで、地球に最も近い位置にあるといわれています。居住に適するポテンシャルがあることから注目されてきたこの惑星、学術誌アストロフィジカルジャーナルで発表された新たな研究によると、その実態は完全に海である可能性が示唆されました。
2014年のSF映画「インターステラー」をご覧になった方は、上の画像に見覚えがあるはず。陸がない惑星

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小惑星の二重の輪、再現=国立天文台のスパコンで
GWの渋谷にティラノサウルス出現!? 恐竜ライブ「ディノサファリ」の公開リハーサルに潜入
排気ガスをインクに変える技術を開発 汚染物質の減少めざし
人工子宮「Biobag」で羊の胎児を育てることに成功
ラットの頭を別のラットの体に移す「頭部移植」に成功、脳にダメージはなし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加