最新ランキングをチェックしよう
最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2016/10/19

地球との距離、約4光年。
「プロキシマb」は、地球に似た環境を持つ惑星のなかで、地球に最も近い位置にあるといわれています。居住に適するポテンシャルがあることから注目されてきたこの惑星、学術誌アストロフィジカルジャーナルで発表された新たな研究によると、その実態は完全に海である可能性が示唆されました。
2014年のSF映画「インターステラー」をご覧になった方は、上の画像に見覚えがあるはず。陸がない惑星

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4000年前に栄えたギリシアのピラミッド島で高度な都市エンジニアリングと金属加工の痕跡が見つかる
【ガチ】ついに「4次元空間の存在」が2つの実験で確認される! 我々の周囲に“異次元空間”が広がっていることが判明、革命的ブレークスルー到来!
この高速「ナノクレーン」で分子組み立てラインを構成することができる
【ガチ】地球に落ちた隕石から封印された“生命の素”が発見される! 我々はやはり「スターチャイルド=パンスペルミア人間」だった!
16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加