金委員長「安倍総理との対話にオープンな姿勢」

金委員長「安倍総理との対話にオープンな姿勢」

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/06/14
No image

動画を見る(元記事へ)

米朝首脳会談の際に金正恩委員長が「安倍総理大臣との対話にオープンな姿勢だ」と述べ、直接会談に前向きな姿勢を示していたことが分かりました。

政府関係者によりますと、12日の米朝首脳会談で金委員長がトランプ大統領に対して「安倍総理との対話にオープンな姿勢だ」と伝えたということです。また、金委員長は日本人の拉致問題について「解決済み」という従来の見解を示さなかったということです。日本政府は北朝鮮側が対話の可能性を排除していないとみて、安倍総理と金委員長の会談について、9月にロシアのウラジオストクで開かれる国際会議で接触することを視野に調整を進めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
総理「人命第一、政府一丸で対応」 大阪震度6弱
足立康史衆院議員による是枝裕和監督『万引き家族』と科研費バッシングへの対応の圧倒的な正しさ
【平成30年史 政界再編(3)】細川政権263日で退陣...「小沢一郎氏VS武村正義氏」今なお残る怨念 税率7%の腰だめ発言、細川護煕氏「これはまずい」
「官僚は安倍官邸の下僕と化した」片山善博×前川喜平
自民・小泉進次郎氏「政策」で存在感 総裁選の「リトマス試験紙」の側面も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加