4大100円ショップの買って損しない厳選アイテム

4大100円ショップの買って損しない厳選アイテム

  • @DIME
  • 更新日:2018/09/24
No image

日用消耗品や収納小物が雑然と並ぶイメージは一昔前。人気の素材や旬のデザインを取り入れながら、100円に価値を詰め込む商品群はワザのデパートだ。そして今、各社とも個性を放つセレクトショップへと進化している。

100円ショップ

実はSNSを賢く活用!100円ショップの商品企画開発の舞台裏

100円という極限のステージで輝く商品がある。それはメーカー×バイヤーの努力と執念とヒラメキの賜物!最近多くのヒット商品を飛ばしているキャンドゥに潜入し舞台裏を覗くべく、緊急取材を試みた。

【参考】https://dime.jp/genre/585521/

キャンドゥに行ったら買いたい100円PB&ニッチ小物

No image

1993年12月に創業したキャンドゥは、創業20周年を迎えた2013年以降を「第2創業期」と位置づけ、企業ブランドを再構築。ブランドロゴの一新や、新しいスローガン「まいにちに発見を。」を設定した。同時にイメージキャラクターの「はっ犬ワンドゥ」が登場し、動画を配信。現在もイベントなどで活躍している。

【参考】https://dime.jp/genre/585555/

100均界の巨人、ダイソーで買うべきアイテムを目利きがチェック!

No image

1972年創業、1987年より「100円SHOPダイソー」を展開する100円ショップのパイオニア的存在。取り扱う商品は約7万種類で、毎月約700種類の新商品が店頭に並ぶ。そのクオリティーの高さや商品開発力には定評がある。

【参考】https://dime.jp/genre/585605/

【100円ショップ攻略法】ダイソーでは150円以上のアイテムを狙え!

No image

近年ダイソーは100円以外のアイテムにも力を入れている。200円、300円でこんなものまで! と驚かされる。

【参考】https://dime.jp/genre/585646/

デザインに定評あり!DIY素材も充実!セリアのマストバイ100円グッズ

No image

1985年創業。「Color the days」をコンセプトに、2000年代からシンプルでおしゃれなアイテムを充実させ、女性を中心に支持を集める。カラフルな食器やかわいい雑貨、アイデアのあるキッチン用品などに注目が集まりがちだが、文房具やデジタル系の周辺アイテム、DIY、ガーデニング関連の商品の実力も高く、ビジネスやアウトドアでも役立つアイテムが揃っている。

【参考】https://dime.jp/genre/585651/

大阪発の地域密着型&お得感満載100円ショップ「ワッツ」のお買い得アイテム17選

No image

4大100円ショップの中で最も新しいワッツ。創業は1995年2月。大阪に本社を置き、全国で100円ショップの「ワッツ」「ワッツウィズ」「ミーツ」「シルク」を展開している。3年前に創業20周年を迎えたことを機に、順次「ワッツ」「ワッツウィズ」へ統一する方向だ。

【参考】https://dime.jp/genre/585686/

構成/チーム@DIME

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ユニクロ】コスパ最強!「ファーリーフリースフルジップジャケット」をオススメする3つの理由
本当に実力の高い路線は? 首都圏「沿線力」ランキング
マジックミラー越しにHな行為を見せるだけで... 高額アルバイトの実態に衝撃
【京都・河原町・木屋町】あのインスタ映えするお店知ってる?面白い&楽しい!朝まで遊べるバー 4選!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加