先発が初回降板も...インディアンスがワールドシリーズ進出に王手

先発が初回降板も...インディアンスがワールドシリーズ進出に王手

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/10/18
No image

インディアンスが3連勝でワールドシリーズ進出に王手

● ブルージェイズ 2 - 4 インディアンス ○
<現地時間10月17日 ロジャース・センター>

ア・リーグの優勝決定シリーズは第3戦。舞台をトロントに移してのゲームはインディアンスが4-2で競り勝ち、3連勝でワールドシリーズ進出に王手をかけた。

インディアンスは1点を先制して迎えた初回にアクシデント。ドローンの修理中に指を負傷し、登板日をずらしていたバウアーの指から出血。21球でまさかの降板となってしまう。

それでも、その後1点ずつを取り合って迎えた6回、先頭のキプニスがソロを放って勝ち越すと、ラミレスのタイムリーで追加点。4-2とブルージェイズを突き放す。

投手陣もオテロのあとをマンシップ、マカリスター、ショー、アレンと繋ぎ、8回途中からポストシーズン絶好調のミラーへ。ミラーは1回1/3を被安打1、奪三振3で締め、インディアンスが4-2で逃げ切った。

これでインディアンスは3連勝。ワールドシリーズ進出に王手をかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昨年は入札ゼロも...”2度目の正直”目指す韓国人内野手、最適のMLB球団は?
ここにも日米格差が...?オフシーズン、野球選手は何をしているのか
新ルールが大谷翔平の早期MLB移籍阻む? 米記者「2019年まで来ないだろう」
米555発マニー・ラミレス自ら売り込み高知入団へ
イチロー2000年以降“最も印象に残るFA10傑”に 「瞬く間に違い生み出す」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加