“東芝”テレビ事業 中国企業に129億円で売却へ

“東芝”テレビ事業 中国企業に129億円で売却へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14
No image

動画を見る(元記事へ)

経営再建中の東芝は、テレビ事業を中国の家電大手「ハイセンスグループ」に売却すると発表しました。

東芝は、赤字が続いているテレビ事業の株式95%を中国の家電大手「ハイセンスグループ」に129億円で売却することを決定しました。売却の理由については、「単独での経営資源の投入や競争力強化を実行するのが困難」とし、売却完了は2月末以降を見込んでいます。ただ、売却後も「レグザ」のブランドは維持されるということです。東芝は、原子力事業の巨額損失により負債が資産を上回る債務超過の状態で、これまでにも半導体子会社や病院事業の売却を決定していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
「いきなりステーキ」株価いきなり大高騰の理由
大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた
積雪時の自動運転、車は電磁誘導線や磁石を読み取れるか---実証実験へ
海外メーカーも日本参入でブームの予感! MTBなど電動自転車9台を厳選!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加