最新ランキングをチェックしよう
いつの間にか影が薄くなった「報復」読売・産経の書きぶりも微妙に変遷

いつの間にか影が薄くなった「報復」読売・産経の書きぶりも微妙に変遷

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2019/07/20

韓国に対して日本政府が発動した半導体材料などの輸出規制強化を巡り、日韓の対立が泥沼化している。
こうした中、新聞報道の推移をたどると、日本側の微妙なニュアンスの変遷もうかがえる。少し時間をさかのぼりつつ、状況を整理しよう。
「事務的説明会」と張り出す徹底ぶり
日本の措置は、半導体洗浄に使う「フッ化水素」などの3品目の韓国への輸出について、これまでは最大3年間分の輸出許可を1度に取れたが、今後は契約

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
奇跡の50歳! お笑い・さゆりの“パンツギリギリ”ミニスカ写真に大興奮
中国版「女子高生コンクリ殺人事件 」か......拉致・監禁・集団強姦殺人の軽すぎる判決に批判噴出
加藤浩次、梅宮さんが実母の再婚相手に...「本当に大きい方でした」
坂口杏里、結婚報告後の動画にファン驚き 「意外とお似合い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加