稲葉日本4番候補アグー山川、エース候補薮田&田口

稲葉日本4番候補アグー山川、エース候補薮田&田口

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

記念撮影する各チームの監督(撮影・滝沢徹郎)

稲葉ジャパンの初陣は、4番アグー山川、エース候補田口&薮田のヤング世代で船出する。侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が12日、都内で会見を行い「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日、東京ドーム)に出場する代表メンバー25選手を発表した。出場資格は24歳以下または入団3年目以内で、オーバーエージは中日又吉、ソフトバンク甲斐、西武山川の3選手が選出された。

チームの軸となる4番候補について、稲葉監督は「山川選手は西武でも4番を打ってますし、軸を打ってほしい」と期待した。出身地沖縄の高級豚肉にちなんだ愛称アグーの山川は出場3チーム中最重量タイの公称100キロ。今季は打率2割9分8厘、23本塁打とブレークし、新生侍ジャパンの4番候補に躍り出た。

投手陣は巨人田口、広島薮田、DeNA今永、西武多和田らが先発候補。指揮官は「みんなに期待している」と競争心をあおりながら、今季13勝の田口については「非常に安定感がありますし、ピッチャー陣の中心になってくれたら」と言った。

ライバルの台湾代表には、2月のWBC壮行試合で楽天則本から本塁打を放ち、2年連続4割をマークした王柏融、巨人陽岱鋼ら強打者がそろう。スピードを重視する稲葉監督は、西武源田、中日京田、楽天オコエら俊足選手も選出。同じ遊撃手で新人王候補の源田、京田については「本当は2人とも同時に使いたい」と頭を悩ませる。走攻守にフレッシュなメンバーで、東京五輪金メダルへのスタートを切る。【前田祐輔】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
掛布氏、オファーあれば「どこのユニホームでも着る」阪神残留方針も
阪神・大和、FA宣言も オリックスが注視、球団は流出阻止へ全力
FA取得大和&俊介を慰留へ 複数年契約提示も視野に
東海大高輪台vs都立葛飾野
高校野球ドットコム
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
  • このエントリーをはてなブックマークに追加