なぜ松井大輔は36歳での再渡欧を決断したのか「いればこそ味わえる醍醐味がある」

なぜ松井大輔は36歳での再渡欧を決断したのか「いればこそ味わえる醍醐味がある」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/12
No image

(C)Yuji ARAKAWA

No image

2004年、松井の冒険はフランス西部でスタート。入団当初は無名だった若武者はやがて、サポーターに“ル・マンの太陽”と称されるほどのカリスマティックな人気を誇った。(C)Getty Images

No image

欧州の舞台に立ち続ける松井。稀代の名アタッカーを駆り立てる原動力とはなんなのか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

現在ポーランド2部リーグのオードラ・オポーレでプレーする、元日本代表MF松井大輔。これまでフランス、ロシア、ブルガリア、ポーランドを渡り歩いた名手は、昨年の夏、ジュビロ磐田から再び新天地を欧州に求めた。

36歳での決断。松井には松井なりの、揺るがない価値観がある。

「日本は経済大国です。そっち方面では世界でも上位なんでしょうけど、サッカーに関してはFIFAランキングを見ても分かるように、50位くらいなんですよ。その国のJリーグの選手がフランスやスペインの2部リーグのクラブに入団する。それって、むっちゃ上に行ってるじゃないですか。だから23歳でル・マンに行ったときも、僕のなかではまったく迷いなんてなかった」

とかく日本では欧州4大リーグがもてはやされ、しかもそのトップリーグのクラブへの移籍が成功への近道と見られがちだ。だからだろう。2004年夏に松井が京都サンガからフランス2部のル・マンへ移籍した当初は、「なんだ2部か」「大したことないな」という的外れな見方が少なからずあった。だが松井は、そんな風潮に真っ向から反論する。

「僕が行った当時もそうだったけど、『2部へ行くんや』じゃなくて、『2部に行ったんや』という感覚で捉えてほしいんです。(イビチャ・)オシムさんも何回か言ってました。『日本ではどうしても2部に行くことに抵抗があるようだが、どういうことか分からない』と。日本のほうが生活水準は上なのかもしれないけど、それと同じ感覚でヨーロッパのサッカーを見るのは違う。世界で見れば、日本人選手の市場価値はどうやっても低い。2部でも獲ってくれるチームがあるならすごく意味のあることなんですよ。日本のサッカーはやっぱり、あっちではあまり見られてない。年間数人しかヨーロッパに行ってないし、それこそ何十億円の移籍金とか金額が跳ね上がった選手なんてほとんどいないんです。そこを忘れてはいけない。上を見るんじゃなくて下を見てみよう。そこから上がっていくのが普通の考え方やと思います」

No image

今回、松井はポーランドの2部クラブを選んだ。J1で、磐田でプレーしていたほうが環境レベルは高かったのではないか? そもそもの考え方が違うと言う。

「そういうのはすごくよく訊かれるけど、行ったことがないひとが語るのはおかしい。訊く前に、自分で実際に見たらどうかと言いたいですよ。ヨーロッパにいれば実感する。日本はいまでも遅れているなと。個々の能力はたしかに低いかもしれないけど、じゃあ例えば外国人枠があるなかで、チームでひとりの日本人としてどうプレーするか。その厳しさは行ってみないと分からない。ひょっとしたら、ヨーロッパで自分の価値が跳ね上がるかもしれない。いればこそ味わえる醍醐味やし、その刺激なり挑戦の場を与えてもらってるだけでもありがたいんですよ」

松井が先鞭をつけたのだ。いまや欧州4大リーグの下部クラブやマイナー国のクラブでスタートを切る選手は珍しくなく、さまざまなアプローチがなされている。

スペイン2部のテネリフェから1部のヘタフェへステップアップした柴崎岳、東欧のクラブを転々として活躍し、日本代表に選ばれるまでに台頭した加藤恒平、ルーマニアのアストラで通算13年目を迎える瀬戸貴幸はもはやクラブのアイコンで、ヨーロッパリーグにも参戦中だ。スペイン2部のヒムナスティックには鈴木大輔がいて、現在は宇佐美貴史もドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフで研鑽を積んでいる。そしてこの冬、井手口陽介がガンバ大阪からイングランドのリーズ・ユナイテッドに移籍し、すぐさまスペインのクルトゥラル・レオネサにローンで貸し出された。どちらも2部リーグのクラブだ。

孤高のファンタジスタは、目を輝かせながらこう語る。

「日本で37歳になって終わってくんじゃなくて、サッカーだけで結果を残せばなにかを得られる、ヨーロッパの場にいるからこそワクワクできる、そういう環境に身を置けるのはホンマに幸せなことなんです」

<つづく>

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

───◆───◆───

PROFILE

まつい・だいすけ/1981年5月11日生まれ、京都府京都市出身。地元の藤森中から名門・鹿児島実高に越境入学し、メキメキと頭角を現す。3年時には高校選手権で準優勝を果たした。卒業後は京都サンガに入団。世代別代表でも持ち前の技巧とドリブルで存在を示し、2004年アテネ五輪ではナンバー10を背負う。同大会終了後に欧州挑戦をスタート。フランス2部のル・マンでスターダムを駆け上がり、サンテティエンヌ、グルノーブル(ともにフランス)、トム・トムスク(ロシア)、ディジョン(フランス)、スラビア・ソフィア(ブルガリア)、レヒア・グダニスク(ポーランド)と渡り歩いた。2014年春にジュビロ磐田に移籍し、10年ぶりのJリーグ復帰。3年半プレーし、今年8月にふたたび欧州へ旅立ち、現在はポーランド2部のオードラ・オポーレに籍を置く。日本代表では31試合・1得点の記録を残し、2010年南アフリカ・ワールドカップでベスト16進出に、翌年のアジアカップでは優勝に貢献した。Jリーグ通算211試合・25得点(うちJ2は116試合・18得点)。175センチ・68キロ。

公式ウェブサイト=http://matsuidaisuke.jp/

サッカージャンキー=http://soccerjunky.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
堂安律が2018年初ゴールを奪う! 豪快ミドルを突き刺し、今季4点目
川島永嗣、痛恨の一発退場。強豪モナコに敗れて6試合ぶり黒星
堂安律、強烈ミドルで今季4点目。リーグ戦2戦連発
ユーベが狙う北朝鮮FW、移籍金は“アジア史上最高”クラスの40億円も?
レアル、大量7ゴールで3試合ぶりの白星を獲得! C・ロナウドとベイルが2ゴール奪う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加