丸、今秋のテーマは打撃フォーム固め 休日もきっちり体ケア1時間半

丸、今秋のテーマは打撃フォーム固め 休日もきっちり体ケア1時間半

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/18
No image

休日返上で練習しに球場へ訪れた丸

広島の丸佳浩外野手(28)が11日、現在のテーマにフォーム固めを掲げた。昨秋のキャンプで左肘を使ってタイミングを取る打撃フォームに改良。今季171安打でDeNA・ロペスと並ぶ最多安打を記録するなど結果を出したことで、今回の秋季キャンプでは現フォームを揺るがないものにするためバットを振る考えだ。

つかんだ感覚を忘れるわけにはいかない。自主練習でも連日バットを振り込んでいる丸は「同じフォームで打てるかというところをテーマにしている。基本的には打撃フォームを固めることをやっている」と明かした。

この日は秋季キャンプ初の休日だったが、天福球場で約1時間半、体のケアに努め、12日からの第2クールに備えた。結果を残しても安心感はない。どん欲な姿勢を貫き、来シーズンもフル回転でチームをけん引する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲、高校野球BIG3の才能の磨き方
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加