冷戦後で最大級の軍事演習、ロシアの狙いは

冷戦後で最大級の軍事演習、ロシアの狙いは

  • WSJ日本版
  • 更新日:2017/09/17
No image
No image

ロシアは14日、冷戦終結以降で最大級の軍事演習を開始した。北大西洋条約機構(NATO)の偵察機1機が監視するなか、ロシアはベラルーシとの国境まで戦車を進め、数百人の落下傘部隊を降下させた。

演習は今月20日まで続く見通し。これに伴い、ロシアの軍事力増大に懸念を強める欧米との間で緊張感が高まっている。ロシアが数十億ドルをかけて軍装備を最新化させていることは、シリアやウクライナで明白になりつつある。

「ザーパド(西という意味)」と呼ばれる今回の演習の様子は、ロシアの国営テレビで放映された。ウラジーミル・プーチン大統領は、西側に対抗するロシアの姿勢を際立たせることで、自らへの支持を高く維持しようとしている。

ロシアは演習の目的について、テロの脅威に対するロシア西部軍管区部隊の対応準備にあるとしている。だが西側の軍事アナリストは、NATOとの紛争の場合にどう対応できるかを探ることが本当の狙いだと述べている。NATOと米国の当局者は、偶発的な事態やロシア軍部隊による計算違いの可能性を警告している。

エストニアに本拠を置くシンクタンク「国際防衛研究センター(ICDS)」のスベン・サッコフ所長は、「彼らはテロリスト対策の訓練をしていると言っているが、これがNATOに照準を定めた訓練であることは明らかだ」と話す。エストニアはロシアと国境を接するバルト3国の1つで、NATOに加盟している。

ザーパド演習は、とりわけバルト3国に懸念を生じさせている。バルト3国の政治的および軍事的な指導者たちは、ロシアが軍事訓練を利用して、近隣諸国を威嚇する能力を示したり、この地域に配備されている軍事機器の性能を向上させたりする恐れがあると警告してきた。

NATOは14日、偵察機1機をドイツの基地からラトビアへと飛ばした。偵察機はラトビアのリガ湾上空を3時間以上にわたって飛行。これは、この地域のNATO加盟国を安堵(あんど)させる目的を持った行動だった。

NATOの早期警戒管制機(Awacs)は、民間ジェット機にパワフルなレーダーを搭載する改修を行ったもので、最大400キロ離れた航空機を検知できる。つまり、ロシア領内で飛行しているロシア機や、リトアニア、ラトビアないしエストニアの国境に迫りつつあるロシア機を検知することが可能だ。実際、NATOが現地に飛ばしたAwacsは今回の演習中、ロシアの偵察機と特定された航空機1機を上空から監視した。

参加人数は最大10万人か

NATOの発表によると、「バルト領空警備ミッション(BAPM)」は14日、リトアニアとエストニアからスクランブル(緊急発進)を2回行い、戦闘機と爆撃機など10機以上のロシア機を確認した。ロシア機はバルト海上空の国際空域を飛行して、ロシア本土から飛び地のカリーニングラードに飛んだという。ロシア機は飛行プランを提示せず、トランスポンダーを使わずに飛んでいたため、NATO機が正体を確認するため飛び立ったという。

ロシアは、今回の演習には1万2700人の兵士が参加するとしている。しかし、欧米外交関係者は、ロシア側の数字が低めに報告されていると指摘。同時進行で相互連関した他の演習が数多く実施されることから、実際の人数は総勢7万-10万人に達するだろうと述べている。

NATO欧州連合軍のジェームズ・エベラード副最高司令官によれば、今回の演習に参加する兵士の数と動員される軍用機器の種類をロシアは明確にしていない。NATOは、ロシアが西側オブザーバーに演習へのアクセスを十分に認めていないとしている。

エベラード氏は「人々を不安にさせるのは、このような透明性の欠如だ」と語った。

ロシアのインタファクス通信によれば、14日の演習には、仮想敵勢力との戦闘のため、落下傘部隊最大500人が投入された。またロシア軍は声明で、対空追跡システムをテストするため、空軍が20回以上のフライトを行ったと述べた。

込められたメッセージ

ロシア国防省によれば、主要戦車部隊のひとつがベラルーシに展開するよう最初の命令を受けたのは14日の早い段階だった。一方、兵たん物資は列車で西方に輸送されたという。

エベラード氏によれば、戦車部隊の展開にはメッセージが込められている。それは第2次世界大戦中にスターリングラード(現ボルゴグラード)とベルリンでの戦闘に戦車部隊が参加したという歴史的事実だ。同氏はまた、この戦車部隊はロシアの最も現代的な機材を有しており、最先端の電子戦争能力も備えていると述べた。

「ロシアは自分が何を持っているのか誇示しようとしている」とエベラード氏は語る。「この戦車部隊展開には象徴的意味がある。そこにはメッセージが存在しているのだ」

NATO当局者は、ロシアが2014年に軍事演習を隠れみのに使ってウクライナに介入したことなどを踏まえ、今回の演習中や演習後にも警戒を強めることが必要だと述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トランプの「ウラとオモテ」政治が、なぜじわじわ効いているのか?
【フィリピン】ミンダナオ島「ISIS内戦被害者に、200万ペソを寄付」Noah Foundation
北朝鮮情勢をめぐる「悪魔の政治学」
メキシコでM7.1の地震 首都で大きな揺れ
アラスカ上空でパイロットが「UFOに追いかけられた」との報告...国が乗務停止処分に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加