最新ランキングをチェックしよう
WHOがようやく乗り出すヒト遺伝子編集に関するルール作り

WHOがようやく乗り出すヒト遺伝子編集に関するルール作り

  • TechCrunch
  • 更新日:2019/03/22

米国時間3月19日、WHO(世界保健機関)は新しい諮問委員会の最初の会議を閉会した。人間の遺伝子編集に対する世界的な統制と監督基準を作成するために設立されたものだ。その委員会は、昨年12月に急遽招集された。昨年、中国の科学者が、CRISPR技術を使って2つの胚の遺伝子を組み換えたことを明らかにしたことを受けたものだ。その研究の目的は、さまざまな形状のHIV(AIDSを発症させる)ウイルスが細胞に感

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ついに迫る地球滅亡の危機!? 月面で目撃されたUFO編隊の正体とは
会話ができるロボットは入院中の子どもの不安や痛みを軽減する、米ボストン小児病院研究
CRISPR-Cas9でマウスからHIVウイルスを除去することに成功。AIDSの画期的治療法の確立に期待
健康寿命のばすカギとなる遺伝子「elpc-2」線虫で発見!沖縄科技大
なぜ緑色の石を浜辺に敷き詰めることで地球温暖化を防ぐことができるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加