ダイハツ シリオン 新型、インドネシアで発表...主力コンパクト

ダイハツ シリオン 新型、インドネシアで発表...主力コンパクト

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/13
No image

ダイハツ・シリオン新型

もっと画像を見る
ダイハツのインドネシア法人、アストラ・ダイハツ・モーターは2月13日、新型『シリオン』を発表した。

シリオンは、ダイハツのインドネシア市場における主力コンパクトカーのひとつ。新型シリオンも、先代モデル同様、ダイハツとマレーシアとの現地合弁会社のプロドゥアが生産。アストラ・ダイハツ・モーターがOEM供給を受けて販売する。

新型のボディサイズは、全長3895mm、全幅1735mm、全高1525mm。先代モデルに対して全長と全幅を拡大し、先代を上回る室内空間や荷室の広さを追求した。また、プラットフォームの改良により、操縦安定性やノイズや振動性能の向上を図った。

エンジンは、アセアン向け次世代エンジンの1.3リットルガソリン。トランスミッションは5速MTと4速ATを組み合わせている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
100年乗っても大丈夫!? 爆撃機B-52はなぜこれほど長寿命なのか
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
JTが「加熱式」で大勝負 「シェア4割」宣言の本気度
なぜUberは"チョイ高"でも支持されるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加